神奈川区版 掲載号:2019年4月4日号 エリアトップへ

幸ケ谷小学校 市環境活動賞で大賞 生物多様性保全の取組で

社会

掲載号:2019年4月4日号

  • LINE
  • hatena
校内に設置されている海水槽
校内に設置されている海水槽

 幸ケ谷小学校が3月20日、「第26回横浜環境活動賞」の児童・生徒・学生の部で大賞を受賞したことが発表された。同校は高島水際線公園の愛護会に所属し、4年生の授業内で同公園の人工干潟などを勉強。校内の海水槽で様々な生物を工夫して飼育するなど、生物多様性の保全に必要な視点を身に着けてきたことが評価された。6月に表彰される予定だ。

 同賞は地域で様々な環境活動を積極的に行っている人々を表彰する制度。学識経験者などで構成する「横浜環境活動賞審査委員会」の審査を経て、受賞者が決定した。

 生物保全などに対する取り組みを授業に取り入れたのは約5年前。当時の校長の提案で同公園の愛護会に入ったことがきっかけだ。

 昨年度の4年生は高島水際線公園の愛護会に所属する「ハマの海を想う会」と一緒に月に1回の清掃活動に参加したり、同会の吉野生也代表の講演を通じて海について学んできた。昨年10月には、赤レンガ倉庫で行われた東京湾大感謝祭で、同公園の干潟の魅力などについて発表を行った。

校内には海水槽も

 3年前、当時の4年生が海水槽を設置した。これらの生物の育成は現在、5、6年生の「環境委員会」が担当し、メジナをはじめ、ヤドカリやムシロガイなど様々な大きさの生物を飼っている。それぞれの生き物が住みやすいように水草でカニなど小さな生き物の隠れ家を作るなど様々な工夫を凝らしている。こうした様々な種類の生物が生息するために必要な生息しやすい環境作りを児童ら自ら行っていることなどが評価され、今回の表彰に至った。

 昨年度4年1組の担任だった江口秀暁教諭は「過去5年間やってきたことはやはりすごいことだったんだと実感した」と喜びを語った。
 

神奈川区版のトップニュース最新6

チョコ募金で小児・難民支援

WEショップ

チョコ募金で小児・難民支援 社会

区内2店舗、2月14日まで

1月23日号

「がん情報ギフト」を寄贈

神奈川RC

「がん情報ギフト」を寄贈 社会

60周年記念で5図書施設に

1月23日号

防災スピーカー 設置進む

防災スピーカー 設置進む 社会

市、3年かけ全域に整備

1月16日号

名もなき坂に愛称を

六角橋北町

名もなき坂に愛称を 社会

住民投票で決定へ

1月16日号

「地域間連携、さらに深めたい」

「地域間連携、さらに深めたい」 政治

高田区長、今年の展望を語る

1月9日号

オリ・パラ 準備は万端

オリ・パラ 準備は万端 社会

黒岩知事インタビュー

1月9日号

「にぎわいと活力生む年に」

林市長インタビュー

「にぎわいと活力生む年に」 政治

IR誘致へ「理解求める」

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 1月9日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月19日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月23日号

お問い合わせ

外部リンク