宮前区版 掲載号:2021年4月2日号 エリアトップへ

【Web限定記事】 柔道・古賀稔彦さん急逝 追悼の声、川崎からも 多大な功績に謝意

スポーツ

掲載号:2021年4月2日号

  • LINE
  • hatena
川崎フロンターレの開幕戦で挨拶する古賀稔彦さん(2020年2月22日撮影)
川崎フロンターレの開幕戦で挨拶する古賀稔彦さん(2020年2月22日撮影)

 現役時代は「平成の三四郎」の愛称で親しまれ、1992年バルセロナ五輪で金メダルを獲得した柔道家の古賀稔彦さんが3月24日、53歳で亡くなった。現役引退後、結婚を機に川崎市に移り住み、高津区に道場「古賀塾」を開設。塾長として後進の育成などに尽力してきた古賀さんの訃報に、地元関係者からも追悼の声が上がった。

競技普及にひと役

 生前、古賀さんは輝かしい実績と卓越した知識・技術を地域に還元するため川崎市の柔道界に大きく貢献。市柔道協会のメンバーとして市民大会の際には審判を担当するなど、競技発展に尽力した。同協会では「古賀塾から市民大会へのエントリーも多く好成績を残されていました」とその功績を称え、急逝を惜しんでいた。

 また川崎市の名誉文化大使も務め、2020年のサッカーJ1リーグ・川崎フロンターレの開幕戦では始球式の大役を務めるなど多方面で活躍。イベント担当者の佐藤弘平さんは「テレビで見たままの明るい方で始球式を大いに盛り上げて頂きました」と、昨年当時の様子を話していた。

古賀さんの情熱、脈々と東橘中・柔道部顧問も回顧「継続の大切さ」説く

 また、高津区子母口の道場「古賀塾」にほど近い東橘中学校の柔道部には2014年、愛娘の古賀ひよりさんが入部した事などが縁となり、この時期に古賀さんが外部指導員に就任。当時からの柔道部顧問・小長井亮教諭は「技術がどうこうというよりも、負けから学んだり(柔道を)継続することの大切さを、部員たちに伝える事に重きを置いた指導をして頂きましたね」と回顧。その後、外部指導員離任後も同校柔道部を温かく見守り続け、古賀塾と部活動が両立できるよう、子ども達はもちろん顧問教諭へも、きめ細やかな配慮を欠かさなかったという。「最近はあまりお見掛けする事もありませんでしたが、会えば気さくに声を掛けて頂き、端々に気遣いが感じられる方でした」と小長井さん。

 古賀塾の開設後は同所で古賀さんから柔道の楽しさを学んだ子ども達が小学校卒業後、そのまま同校柔道部に入部するケースも多くなり、同部は県内でも屈指の強豪に成長。全国大会に5年連続で出場選手を輩出する実績のみならず、古賀さんの指導方針や想いも継承。継続する事の大切さを身に着けた結果「卒業後も柔道を続ける子ども達が比較的多いのも特長的ですね」と分析する。

塾生4人、今春入部へ

 古賀塾は、コロナ禍の影響などもあり昨年中頃から休塾となっているが「(古賀さんから)4人の塾生が春から入部するのでよろしく」と小長井さんのもとに連絡が入ったのだとか。名柔道家の薫陶(くんとう)を受けた塾生と共に今後、同氏の情熱を脈々と受け継ぐ柔道部の活躍にも大きな期待が寄せられている。
 

ひよりさんが入賞した全国大会の会場で古賀さんと共に写真に納まる小長井教諭(写真左=本人提供)
ひよりさんが入賞した全国大会の会場で古賀さんと共に写真に納まる小長井教諭(写真左=本人提供)

宮前区版のローカルニュース最新6

レコードを楽しむ会

市民と50年、 歩み続く

青少年科学館

市民と50年、 歩み続く 文化

「子どもへ星空を」原点に

7月23日号

正しい避難行動とは

台風シーズン到来

正しい避難行動とは 社会

区危機管理担当に聞く

7月23日号

コロナ困窮に支援金

川崎市

コロナ困窮に支援金 社会

就労による自立図る

7月23日号

上半期放火が増加

加藤登紀子コンサート

【Web限定記事】

加藤登紀子コンサート 文化

タウンニュースホール

7月23日号

賃貸オーナー様 大募集!

宮前区で42年の実績・満室の実現・クレーム迅速対応 電通ハウジング

http://den2h.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月23日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

平和な未来のために

平和な未来のために

市民館で原爆展 6日から

8月6日~8月11日

宮前区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年7月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter