多摩区版 掲載号:2020年3月20日号 エリアトップへ

震災9年 静かに祈り、支え 多摩区で続く「3.11」

社会

掲載号:2020年3月20日号

  • LINE
  • hatena
多摩川河川敷のキャンドルナイト=11日、山崎愛柚香さん提供
多摩川河川敷のキャンドルナイト=11日、山崎愛柚香さん提供

 新型コロナウイルス感染症の影響で自粛ムードが続く中、迎えた3月11日。東日本大震災から9年。多摩区内でも「あの日を忘れない」と、思いを紡ぐ活動が見られた。

 稲田公園近くの河川敷で震災の翌年から続く「3・11追憶と鎮魂の多摩川灯ろう流し」は、8日の開催を予定していたが一般向けの開催は自粛。11日、「キャンドルナイト」として有志だけで行われた。夕刻に点灯すると30人ほどが立ち寄り、キャンドルの前で合掌。震災当時小学生だった多摩区在住の大学生は「もう9年。今後も忘れないよう心に刻む」と話した。

 主催したNPO法人おさかなポストの会(山崎充哲代表)は、移動水族館として多摩川に生息する魚と共に福島県を訪ねる活動に尽力。山崎代表は「いつ起こるかも知れない地震や多摩川水害への心得を忘れないことが大切」と呼びかけた。

 地域住民から衣類や雑貨を寄付してもらい販売するリサイクルショップ「WEショップたま」(中野島)では、毎年3月11日の売上を被災者支援に活用。今年は初めて「店内全品半額セール」として開店した。当日は消毒や換気を徹底する中、117人が来店。売上は例年2、3万円程度だったが、今回は9万1005円に上った。

 この売上は全額、「避難の協同センター」に寄付。福島から川崎に避難してきた人々の生活をサポートする団体で、住宅無償打ち切りによる生活困窮等に対して支援を続けている。同店を運営するNPO法人WE21ジャパンたまの鈴木久子代表は「協力してくれた地域の皆さんに感謝の気持ち。大変な思いをしている人が身の回りに大勢いることを、一人でも多くの人に知ってもらいたい」と思いを話した。

セール当日の看板
セール当日の看板

多摩区版のトップニュース最新6

世界挑戦と介護職 両立

川崎新田ジム黒田選手

世界挑戦と介護職 両立 スポーツ

11月、1年半ぶり復帰戦

9月25日号

慰霊祭、祈願の地で

堰稲荷神社奉賛会

慰霊祭、祈願の地で 社会

「半世紀ぶり」思いはせ

9月25日号

800年 思い途絶えず

菅獅子舞保存会

800年 思い途絶えず 文化

開催中止も、西菅小に伝授

9月18日号

バスケで挑め「SDGs」

Bリーグ川崎BT

バスケで挑め「SDGs」 スポーツ

市と協定 健康など3本柱

9月18日号

子ども向けに動画制作

ワガママSUNバンド

子ども向けに動画制作 教育

市制定「権利の日」理解を

9月11日号

標識設置 3割どまり

防災農地

標識設置 3割どまり 社会

市、年間30カ所増で周知へ

9月11日号

「バンバンなら私もいける!」

9/23(水)新台入替!新型コロナ対策・適切な取り組みを徹底中

http://www.prime777.co.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月25日0:00更新

  • 9月11日0:00更新

  • 9月4日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年9月25日号

お問い合わせ

外部リンク