麻生区版 掲載号:2020年10月30日号 エリアトップへ

【Web限定記事】 市民団体モモの会 コロナ禍に「おしゃべり」を 雑談ダイヤルを開設

コミュニティ社会

掲載号:2020年10月30日号

  • LINE
  • hatena
同会代表の相澤さん(中央)
同会代表の相澤さん(中央)

 コロナ禍で友達と気軽に会えない人に、「おしゃべり」で少しでも心を軽くしてほしい――。そんな願いを込めて、市内で活動する傾聴ボランティア「モモの会」が7月に、1回30分を目安に気軽に雑談できる電話を開設した。

 「コロナで日常が一変し、外出も思うようにできずにストレスがたまってしまう人に利用してほしい」と話すのは、同会で代表を務める相澤ミチ子さんだ。

 これまでに20件以上の電話があり、利用者は60〜80代の女性が多いという。話題は、コンピューター化していく社会から取り残されるような寂しさ、膝や腰が痛いという健康不安などのネガティブなものから、昔当選した宝くじの話や友達と買い物に出かけた楽しい思い出などポジティブな話まで幅広い。

 相澤さんは「電話で初めて、自分のことをゆっくり聞いてもらう時間がなかったと気づく方もいます。誰かに話をするだけで気持ちが昇華していくこともあります。電話だけでも、そんなことができるんです」と活動の可能性に自信を見せる。

互いに名乗らず安否確認かねて

 「モモの会」は2015年から活動開始。自宅から出にくい高齢者や独り暮らしの人などに安否確認を兼ねて電話をかけ、楽しく話をするボランティア団体。これまでは、社会福祉協議会や地域包括支援センター、民生委員などから紹介された人に限って電話をかけてきた。傾聴スキルを磨く13人のメンバーが所属している。同会の名前の由来は、ミヒャエル・エンデの児童文学『モモ』。「主人公の女の子・モモと話をした登場人物たちは、不思議と悩みを解決していく。そんな存在になりたくて」と相澤さん。

 同会では、電話をかけてきた人に名前は尋ねず、相談員も名乗らない。相澤さんは「悩み相談でなくてよい。個人情報などの秘密は厳守します。気楽に電話をかけてほしい」と呼び掛ける。

 番号は【携帯電話】080・6692・2475。受付時間は平日の午前10時から午後0時30分までと午後1時から4時まで(木曜日を除く)。
 

麻生区版のローカルニュース最新6

はじめてのヨガ体験

【Web限定記事】しんゆり交流空間リリオス

はじめてのヨガ体験 社会

3月27日 体を動かしてリラックス

3月5日号

乾物でおいしい防災食

乾物でおいしい防災食 社会

リンクママが調理紹介

3月5日号

春の旧黒川村を歩く

春の旧黒川村を歩く 文化

4月12日 麻生の歴史散策

3月5日号

東柿生小 石井さんが金賞

川崎西法人会

東柿生小 石井さんが金賞 教育

税の絵はがきコンクール

3月5日号

「なぜ日本で英語講師に」

「なぜ日本で英語講師に」 文化

市民館主催 オンライン講演

3月5日号

クリスマスローズ講習

クリスマスローズ講習 社会

7日、岡上 季の庭で

3月5日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月26日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

研修会で詐欺防止へ

研修会で詐欺防止へ

動画上映・講演会も

3月12日~3月12日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    シリーズ「鶴見川流域の中世」中世人の生活の舞台としての鶴見川【6】 「鶴見寺尾絵図2」【2】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

    2月26日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年3月6日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク