さがみはら中央区版 掲載号:2019年9月12日号 エリアトップへ

「現行通り」望む声約75% 成人式 20歳対象を継続 市表明引き下げ後の対応

政治

掲載号:2019年9月12日号

  • LINE
  • hatena

 成人式・はたちのつどいについて相模原市は3日、2022年の法改正で成人年齢が18歳に引き下げられた後も参加の対象を20歳のまま継続する方針を明らかにした。

 成人式の参加対象年齢をめぐっては、18歳引き下げ決定後、国で議論されたものの結論が出ず、行政判断に委ねられる様相となっている。そこで市は、例年実施している新成人対象の成人式に関する直近のアンケート調査で現行通りの20歳での式典やイベント実施を望む回答が約75%に上ったことを重視。対象を18歳にした際、受験期と重なることや実行委員が集まりにくくなるなどの懸念から今回の決定に至った。

 市こども・若者支援課の佐々木純司課長は「調査結果などを踏まえ20歳が望ましいとのことから決まった。郷土愛を育む意味でも成人式は大事な行事。しっかり取り組んでいく」と話す。

 対象年齢を表明しているのは政令市では京都市のみで、相模原市は2例目。県内では現在、どの自治体も表明していない。

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6

コースサポーター募集

五輪自転車ロードレース

コースサポーター募集 スポーツ

2月13日号

英語と多様性を学ぶ

英語と多様性を学ぶ 文化

親子ワークショップ

2月13日号

いざホーム戦 初白星へ

三菱重工

いざホーム戦 初白星へ スポーツ

16日、ギオンスでNEC戦

2月13日号

井上君が全日本優勝

空手

井上君が全日本優勝 スポーツ

世界全極真 幼年の部

2月13日号

「川尻」「双葉」が初優勝

「川尻」「双葉」が初優勝 スポーツ

ミニバス 市内郵便局長杯

2月13日号

シイタケのホダ木ゲット

シイタケのホダ木ゲット 社会

木もれ日の森

2月13日号

8市市議がごみ問題模索

8市市議がごみ問題模索 政治

合同研修会に220人

2月13日号

あっとほーむデスク

  • 2月13日0:00更新

  • 2月6日0:00更新

  • 1月30日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月13日号

お問い合わせ

外部リンク