八王子版 掲載号:2019年10月10日号 エリアトップへ

肥沼医師ちなみ 独(ドイツ)イベント 14日 ユーロード ライブや飲食

文化

掲載号:2019年10月10日号

  • LINE
  • hatena

中町出身伝染病を治療

 「八王子の野口英世」とも称される中町出身の医師、肥沼信次(のぶつぐ)氏(1908-1946)にちなんだイベントが今年も開催される。

 「お帰りなさい!Dr・肥沼 ドイツの味覚と文化を楽しむ1日」=画像=は10月14日(月祝)、西放射線ユーロードの横山町公園とその周辺で行われる。午前11時から午後4時まで。荒天中止。主催は同実行委員会(塚本回子実行委員長)。昨年に続き2回目の開催となる。

 肥沼医師は第二次大戦後のドイツ・ヴリーツェン市で伝染病チフスの治療にあたり多くの人の命を救った。だが、自らもチフスにかかり37歳の若さでこの世を去った。その存在を多くの人に知ってもらおうと、塚本さんらは2016年には市民団体「Dr・肥沼の偉業を後世に伝える会」を発足している。

冨永さんも

 ステージでは肥沼医師の母校である市立第三小学校(寺町)の児童による合奏、創作ダンスチームの「ヴリーツェンの桜」演舞、地元中学によるブラバン演奏、紙芝居などが企画されている。スペシャルゲストとしてソプラノ歌手の田中三佐代さん、八王子観光PR特使で昨年肥沼医師をテーマにした歌「Life is Waltz」も作ったシンガーソングライターの冨永裕輔さんも登場する。

 また飲食ブースではドイツワイン、ビール、ソーセージ等が販売される。

 イベントは肥沼医師の誕生日(10月9日)にあわせて行われる。なお肥沼医師の実家の医院が中町にあったことから、会場近くの中町公園には顕彰碑が建てられている。

 問い合わせは塚本さん【電話】042・664・9539へ。

八王子版のローカルニュース最新6

紙工作で元気づけ

紙工作で元気づけ 文化

横山町・シルキー

7月2日号

駅前七夕飾り 今年は…

北口商店会

駅前七夕飾り 今年は… 社会

7月2日号

少人数で登ろう

フェイスシールド400枚を寄付

フェイスシールド400枚を寄付 社会

東海通信機材 マスク9000枚も

7月2日号

カフェ婚はいかが

南RCが寄付

南RCが寄付 社会

フェイスシールド3千枚

7月2日号

あっとほーむデスク

  • 6月18日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月2日号

お問い合わせ

外部リンク