大和版 掲載号:2016年3月25日号 エリアトップへ

プロ棋士が大和で指導 初催しで将棋の効果強調

社会

掲載号:2016年3月25日号

  • LINE
  • hatena
対局で参加者に指導する島九段
対局で参加者に指導する島九段

 (公社)日本将棋連盟の島朗九段をはじめとする、プロ棋士による講座が3月19日、アムールホール(深見西)で初開催された。指導対局のほか、将棋を学ぶことを通じた教育的効果についても講義が展開された。

 市内で初めてとなるこの催しは、日本将棋連盟と深見西に本社を構える大長産業(株)(大石義二代表取締役)が共同で主催した。

 当日は、市内や近隣市などから7組が参加。講師は島九段のほか、海老名市出身の北浜健介八段や、綾瀬市出身の高野秀行六段、飯塚祐紀七段と県央地域に縁のあるプロ棋士が務めた。

 初めに島九段が、将棋を学ぶことによる教育的意義を講義した。審判のいない将棋は、負けた理由を他人に押し付けることができないゲームであると説明。日々の対局で、敗戦を自分自身のこととしっかり認め、「負けました」と口にすることで、心の強さが磨かれると解説した。

 また、将棋の観戦記が掲載されている新聞を使いながら「今は棋譜もネット上で観られる時代ですが、プロ棋士はプリントアウトしてみています。紙に印刷された文字として読むことで、記憶ができるからです」と紙媒体の必要性を話した。

 その後、4人を相手にプロ棋士1人が同時に対戦する指導対局も行われた。参加者は真剣な表情で次の一手を考えたり、プロから局面ごとにアドバイスを受けたりしていた。

 共同開催した大石代表取締役は「将棋文化を地域に拡げる支援。今後も引き続き、このようなイベントを行っていきたい」と話した。

大和版のトップニュース最新6

政府対策に「迅速対応」

大和市

政府対策に「迅速対応」 経済

年内給付「想定して準備」

11月26日号

打ち上げ花火に初挑戦

緑野小PTA

打ち上げ花火に初挑戦 教育

児童に笑顔と思い出を

11月26日号

動画で「つながり」再確認

RUN伴+やまと

動画で「つながり」再確認 社会

「介護の日」から配信スタート

11月19日号

渋谷西ブロック始動

地域安全活動重点地区

渋谷西ブロック始動 社会

防犯・防火意識を地域で徹底

11月19日号

山崎さんに藍綬褒章

山崎さんに藍綬褒章 社会

県銭湯組合長として尽力

11月12日号

東口改札使用開始へ

小田急中央林間駅

東口改札使用開始へ 社会

11月27日午前10時から

11月12日号

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年11月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook