大和版 掲載号:2020年1月1日号 エリアトップへ

徒然想(つれづれそう) 連載 262花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

掲載号:2020年1月1日号

  • LINE
  • hatena

 読者の皆様方におかれましては良いお年をお迎えの御事とお慶び申し上げます。

 最初の月は少し長い文言で「怒らないことによって、怒りにうちかて、善いことによって、悪いことにうちかて、与えることによって、物惜しみにうちかて、真実によって虚言の人にうちかて」です。

 出典は、インド、原始経典、『ダンマパタ』です。

 意は、腹を立てて怒ったとしても、後でその怒りは正当であったと自覚する怒りはほとんどない。多くはつまらない事に腹を立てて、自分を見失って少しだけ、余裕があってもよかったのに、と反省するのは私たちのあり方です。

 腹が立ったとき、怒らないようにしたい、怒らなければ、それによって怒りを克服できると、説いています。悪いことと自分の心に言いきかせ、本能とも思える心のうずきを我慢し、抑制しなければなりません。悪いことと、自分で思えば、その反対の善をなし、自分がケチだと思うなら、ケチでなくなるために人に与えなければならないのです。他人の虚言にうちかつためには、自分が真実を言い続けなければならないと、この文言は私たちを喩しています。

    桃蹊庵主 合掌
 

太ひでし事務所

大和市大和東3-7-11大和東共同ビル101号

https://futori.net/

<PR>

大和版のコラム最新6

徒然想  連載283

徒然想 連載283

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

10月1日号

徒然想  連載282

徒然想 連載282

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

9月3日号

徒然想  連載281

徒然想 連載281

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

7月30日号

徒然想  連載280

徒然想 連載280

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

7月9日号

徒然想  連載279

徒然想 連載279

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

6月4日号

徒然想  連載278

徒然想 連載278

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

5月7日号

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook