大和版 掲載号:2021年4月23日号 エリアトップへ

医療従事者に感謝の千羽鶴 渋中3年生が市立病院へ

教育

掲載号:2021年4月23日号

  • LINE
  • hatena
(写真左から)隈元教諭、川上ひなのさん、岩瀬丈流さん、矢尾病院長、鈴木さん、小吉美由起さん、多呂七翠さん
(写真左から)隈元教諭、川上ひなのさん、岩瀬丈流さん、矢尾病院長、鈴木さん、小吉美由起さん、多呂七翠さん

 市立渋谷中学校(神田義和校長)の3年生が4月16日、コロナ禍の医療従事者に感謝の気持ちを伝えるため大和市立病院(矢尾正祐病院長)に千羽鶴を贈った。

学年全員が参加

 きっかけは、今年の1月。各クラスの代表が、学年の月目標や全体企画などを議論する学級評議委員会の場で、当時2年生の委員一人が「コロナ禍に、地域の基幹病院として市民の命を支えてくれている市立病院の医療従事者に感謝の思いを込め、千羽鶴を贈りたい」と提案。他の委員が賛同し、2年生125人全員が参加し、千羽鶴を作る企画が始まった。折り鶴は主に総合の時間や休み時間に作成。最終的にたこ糸でまとめて吊るし、高さ約70センチの色鮮やかな千羽鶴を完成させた。

 同校によると全員一丸での折り鶴作成は、新型コロナの影響で2年生時に予定していた年中行事が軒並み中止となる中、生徒間の絆を深める貴重な機会になり、製作を始めてから、生徒たちがより意識的に新型コロナ対策を行うようになったという。

 贈呈は、2年生で学級評議委員を務めていた生徒の内5人と隈元ひと美教諭が、大和市立病院を訪れ、生徒代表の鈴木真さんが「千羽鶴には医療従事者へのエールと、コロナ終息への思いを込めています。私達もこれから学校全体に感染対策を呼び掛けていこうと思います」と矢尾病院長に手渡した。矢尾病院長は「いただいた千羽鶴は医療従事者を励まし、勇気づけてくれると思います。寄贈いただきありがとうございました」と謝辞を送った。
 

大和版のローカルニュース最新6

不安を乗り越え本番へ

聖セシリア女子中学校・高等学校

不安を乗り越え本番へ 教育

ギター・マンドリンクラブ

5月13日号

シズル感を感じる作品展

シズル感を感じる作品展 文化

5月27日からシリウスで

5月13日号

平和祈る「百万本のバラ」

平和祈る「百万本のバラ」 文化

加藤登紀子さんコンサート

5月13日号

トランポリンを寄贈

トランポリンを寄贈 社会

大和中ロータリークラブ

5月13日号

市の管理職女性は51人

新年度は207人で船出

市消防団

新年度は207人で船出 社会

新入団員を募集中

5月6日号

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月6日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook