大和版 掲載号:2022年1月1日号 エリアトップへ

県政報告 踏切の長時間遮断を防げ! 公明党 神奈川県議会議員 谷口かずふみ

掲載号:2022年1月1日号

  • LINE
  • hatena

災害時の管理方法を今年度中に策定へ

 2018年の大阪北部地震では多くの踏切で長時間、遮断機が下りたままとなり、救急車が通常7分程度で到着するところ、約6倍の42分もかかるなど救急救命活動に大きな支障となりました。

 公明党では国に対し、この問題を解消するよう要請。昨年4月の法改正で、鉄道事業者と道路管理者が災害時の管理方法を策定するよう義務付ける制度が創設。6月には全国で181カ所の踏切が指定され、大和市内では小田急江ノ島線の大和1号踏切(厚木街道=写真)、桜ケ丘1号踏切(中原街道)の2カ所が対象となりました。

 首都直下地震などの発生が危惧される中、災害時には円滑な避難や緊急輸送を確保する必要があります。そこで私は県議会の代表質問(昨年12月)で、早急に災害時の管理方法を策定するよう黒岩祐治知事に求めました。

図上訓練などを実施へ

 知事は「鉄道事業者と道路管理者が連携し、早期に遮断を開放する手順や消防などの関係機関との連絡体制などを定め、今年度中に対処要領として策定する」と明言。

 さらに「災害時を想定し、関係機関の間で情報の受伝達を行う図上訓練などを実施する。また発災時に遮断された踏切を開放した際には、県のホームページやツイッターなどを通じ、道路利用者への速やかな周知を図る」と答弁しました。

「緊急改良すべき踏切」2023年度までに対策

 一方、踏切の事故防止対策について知事は「県はこれまで、大和1号踏切などで踏切の拡幅や歩行者通行帯のカラー化といった対策を行ってきた」と説明。県が管理する道路で、国から「緊急に改良すべき踏切」とされた5カ所については、2023年度までに緊急対策を完了させると明らかにしました。

 私は今後も踏切の事故防止、災害時の対策に全力をあげてまいります。

大和版の意見広告・議会報告最新6

地域防災は二の手、三の手を

意見広告

地域防災は二の手、三の手を

大和市議会議員 青木まさし

5月6日号

県立がんセンターがんゲノム医療を拡充

県政報告

県立がんセンターがんゲノム医療を拡充

公明党 神奈川県議会議員 谷口かずふみ

4月29日号

コロナ禍と厳しい財政下、公園に高額な施設は今必要か

意見広告

コロナ禍と厳しい財政下、公園に高額な施設は今必要か

大和市議会議員 福本たかふみ

4月29日号

大震災を教訓にした対策を

活動報告

大震災を教訓にした対策を

大和市議会議員 古木 邦明

3月25日号

市民の「衆望」に応える!

市政報告

市民の「衆望」に応える!

公明党 大和市議団

3月25日号

新年度予算などを点検

令和4年第1回定例会を終えて 市政報告

新年度予算などを点検

大和市議会議員 木村賢一

3月25日号

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月6日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook