大和版 掲載号:2022年1月1日号 エリアトップへ

徒然想 連載286 花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

掲載号:2022年1月1日号

  • LINE
  • hatena

 明けましておめでとうございます。

 今月は、発心(ほっしん)、僻越(へきおつ)なれば、万行(まんぎょう)、徒(いたずら)に施す、です。

 出典は、中国、唐。荊渓湛然(けいけいたんねん)、『摩訶止観輔行伝弘決(まかしかんぶぎょうでんぐけつ)』です。

 意は、発心が正しくなければ、何をやっても駄目、ということです。

 発心とは、発菩提心(ほつぼだいしん)の略で、仏の悟りを得ようとする心を起こすこと。その心とは「上求菩提(じょうぐぼだい)、下化衆生(げけしゅじょう)」です。つまり、仏の悟りを実現しようとする無限の向上心をもって、一般の人々の苦しみや悩みを救うことです。自利、他利の両面を兼備える、仏の心を起こすことが第一です。

 発心を実現しようと絶えることのない努力をし、その努めを己だけのこととせず、他の人々に振り向けることが大切です、と師は説いています。

 正しい発心をする事で、人のためになる行いができるようになり、優しい思いやりのある行動と言葉に表れ、自分の得にならないからといって中断されることはありません。こうした気力や根気は最初の発心に根ざしていると、師は教えています。

桃蹊庵主 合掌

大和版のコラム最新6

徒然想  連載290

徒然想 連載290

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

4月29日号

徒然想  連載289

徒然想 連載289

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

4月1日号

徒然想  連載288

徒然想 連載288

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

3月4日号

徒然想  連載287

徒然想 連載287

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

2月4日号

徒然想  連載286

徒然想 連載286

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

1月1日号

徒然想  連載285

徒然想 連載285

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

12月3日号

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月6日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook