横須賀版 掲載号:2020年1月1日号 エリアトップへ

本公郷改良アパート建替え事業 福祉拠点併設し市営住宅再生へ 工期は今月7日から25年6月まで

経済

掲載号:2020年1月1日号

  • LINE
  • hatena

 公郷町にある市営住宅「本公郷改良アパート」では現在、建替え事業が進んでいる。先月19日には横須賀市や事業関係者、町内会などの参加のもと、地鎮祭が行われた。工期は今月7日から2025年6月末。

 同アパートの竣工は、50年前の1970年。本公郷地域の住宅整備を目的に作られたため「改良アパート」と名付けられた。4棟5〜11階建て(330戸)、市営住宅の中では高層で、1階には店舗があり、敷地内には保育園や青少年の家などが整備されていた。

 老朽化・耐震性などの問題から、市は建替えを決定。設計や建設、維持管理などに民間の資金とノウハウを活用する「PFI」という手法を導入し、事業者を募集。青木あすなろ建設株式会社(横浜市/設計・建設)、株式会社市浦ハウジング&プランニング(東京都/設計代表・工事管理)、ウスイホーム株式会社(横須賀市/入居者移転支援)の三社からなる「結愛グループ」が選ばれていた。

仮移転なしで建替え

 計画は5〜9階建て260戸、間取りは1LDKを中心としたものに変更。敷地内で段階的に建替えをしていく方式で、現状で約260世帯の入居者は、別の場所に仮移転する必要はない。同住宅は高齢者世帯の割合も高いことから、敷地内の余剰地活用として福祉NPOの拠点やコンビニエンスストアなどの開設も計画に盛り込まれている。隣接する交番はそのまま残される。

 事業費は総額約53億4千万円で約3分の2を国の補助金で賄い、約3分の1を市が負担。PFIを活用した市営住宅の建替えは関東地域では初めてで、市が単独で事業を行った場合に比べ、約13%の費用削減になるという。

横須賀版のローカルニュース最新6

新時代の農業人材を育成

新時代の農業人材を育成 教育

横須賀商議所のプロジェクト

5月7日号

「宝石」を立体折り紙で

「宝石」を立体折り紙で 文化

三浦市の作家姉妹が考案

5月7日号

トップをめざせ

ウインドサーフィン

トップをめざせ スポーツ

小学5・6年対象アカデミー

5月7日号

楽しんでエコを身近に

ヨコスカママナビ

楽しんでエコを身近に 教育

ノジマモールで体験イベント

5月7日号

庶民の知恵の産物

上町商店街をめぐるツアー 看板建築

庶民の知恵の産物 文化

5月7日号

資料で学ぶ「浦賀ドック」

資料で学ぶ「浦賀ドック」 文化

コミセン分館で30日まで

5月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月7日0:00更新

  • 4月23日0:00更新

  • 4月16日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter