三浦版 掲載号:2021年1月1日号 エリアトップへ

三浦半島 草花歳時記 特別編 「松竹梅」はなぜ目出たいの? 文・写真 金子昇

掲載号:2021年1月1日号

  • LINE
  • hatena

 明けましておめでとうございます。特別編の今回は、お正月にふさわしい「松竹梅」の話です。

 中国では松竹梅を「歳寒三友」(さいかんさんゆう…寒い冬に友とすべきものは松・竹・梅であるの意)といいます。松竹梅が選ばれた理由は、松と竹は冬でも緑葉がいつまでも変わらず、梅は最も寒い時期に花を凛と咲かせることから、三者は君子の高い節操の比喩として用いられてきました。こうした文化が室町時代に日本へ導入され、後にめでたいもの、縁起の良いものとして使われてきました。

 松(マツの仲間の総称)…水分の少ない岩場等の過酷な環境にも生育し、繁殖力も大きいことから、人の長寿と子孫繁栄を願っています。

 竹(タケの仲間の総称)…常緑で清楚であり成長も早く、茎は真直ぐなことから人の清らかで素直な性格を表し、また地下茎で広く繋がっていることから、家族(民族)の連帯や人の協調性を表しています。

 梅…松と竹にはない華やかな花を咲かせることで、人生の華やかさと食用や薬用に用いられることから、健康な身体づくりに役立っています。

 植物の世界から見ても、三者はバランスよく選ばれており、松は裸子(らし)植物、竹は植物の単子葉類、梅は被子(ひし)植物の双子葉類と理にかなっています。
 

三浦版のコラム最新6

世界一の素敵親子をめざして

連載25

世界一の素敵親子をめざして

文・家庭教育支援チーム「はっぴー子育て応援団」

2月19日号

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

連載

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

三浦市社会福祉協議会 成田慎一

2月19日号

第16回 美しい花「スイセン」には毒がある

三浦半島 草花歳時記

第16回 美しい花「スイセン」には毒がある

文・写真 金子昇

2月5日号

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

連載

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

三浦市社会福祉協議会 成田慎一

1月22日号

世界一の素敵親子をめざして

連載24

世界一の素敵親子をめざして

文・家庭教育支援チーム「はっぴー子育て応援団」

1月22日号

第15回 七草粥を代表する「ナズナ」

三浦半島 草花歳時記

第15回 七草粥を代表する「ナズナ」

文・写真 金子昇

1月8日号

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク