神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
三浦版 公開:2023年7月7日 エリアトップへ

初声小6年 「ふわふわして気持ちいい」 手漉き和紙、4カ月で完成

教育

公開:2023年7月7日

  • X
  • LINE
  • hatena
コウゾの繊維を掬い上げる児童ら
コウゾの繊維を掬い上げる児童ら

 初声小学校で6月28日、6年生74人が和紙の原料となるコウゾの紙漉き体験をした。日本伝統の手漉き和紙文化を守ろうと、和田地区を拠点に活動する市民団体「三浦手漉き和紙を考える会」(角田義行会長)が協力する総合学習の一環。3月から取り組んできた和紙作りの最終工程で、児童たちは「ふわふわで気持ちいい」などと楽しそうに作業をこなした。

 この日は、同会メンバー13人が参加し、道具を用意。児童たちは液体の中に簀の子を潜らせ、前日に棒で叩いて細かくしたコウゾの繊維を均等に掬い取った。真剣な表情で紙漉きに挑戦していた桑山旅穹(りょく)さんは「自分なりにはうまくできたと思う」と満足げに語った。角田会長は「初の試みだったけれど、完成まで順調に辿り着いた。初声小の新しい伝統になれば」と期待を寄せた。

 色紙サイズの和紙は、水気を切って乾燥させた後、学校で保管。今後は活用法を考えながら、来年3月の卒業式で児童たちへ贈られるという。

三浦版のローカルニュース最新6

「チェルSeaみうら」徹底解剖

"のびのび"育って

"のびのび"育って

入居者 坐古さん一家

6月21日

夏休みは体験学習へ

夏休みは体験学習へ

「みちしお学級」参加募集

6月21日

イモで広がる福祉の輪

奉仕団体

イモで広がる福祉の輪

掘って 植えて

6月21日

親子で楽しむミトマルシェ

親子で楽しむミトマルシェ

30日 ワークショップ

6月21日

愛称の由来は?

愛称の由来は?

南下浦小の高谷さん考案

6月21日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月21日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 5月24日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook