神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
三浦版 公開:2024年3月29日 エリアトップへ

浦賀沖でサーモン養殖 若手漁師ブランド化めざす

経済

公開:2024年3月29日

  • X
  • LINE
  • hatena

 まき網漁業を主業とする豊丸漁業(有)(横須賀市東浦賀)では、自社のいけすを活用したご当地サーモンとサクラマスの海面養殖に挑戦中だ。

 同社の福本秀次さん=写真=が父の健治さんと養殖事業に乗り出したのは、2022年の冬。母港とする鴨居の大室漁港にカツオ漁に使う活イワシのいけすを有しており、「12〜4月のオフシーズンに使えないか」と”二毛作”を検討した。設備の有効活用だけでなく、地球温暖化による魚の分布や漁獲量の変動、若手漁業者の参入・定着、安定した収入源の確保など、漁業が抱える課題の解消を目指し、新名物づくりで地元の水産業振興にもなると考えた。

 手順は、60〜100gの稚魚を海水に順応させた後、海上いけすへ放流。ノルウェー産サーモンなどは4kg前後まで育てるのに対し、福本さんは500〜700gの小ぶりなサイズで出荷する。稚魚は小さい方が安価で仕入れられ、養殖期間も約4カ月と短いことから、より少ない生産コストでの事業展開が可能で、味も大きいものと比べて遜色はない。「少人数向けの活き造りを提供できたり、活魚の状態で卸せば飲食店のいけすに泳がせて目と舌で楽しんだり。小さなことに付加価値をつけたい」と他のご当地サーモンとの差別化も図る。

 身の色や脂の乗り、海水への順応など、さまざまな改良を経た今季の目標は「生産から流通までの体制構築」。まもなく出荷時期を迎える約1千匹は仲買人を通じて飲食店へと試験的に卸され、市場ニーズや消費者の反響などを見るという。今後は生産量の拡大やブランド化に向けた商品名も検討。「名物に育てていきたい」と展望を語った。

三浦版のトップニュース最新6

4月17日から実証実験

かなライド@みうら

4月17日から実証実験

夜間限定で1日5台運行

4月12日

小中学力テストの対象拡大

三浦市教委

小中学力テストの対象拡大

今年度から新プロジェクト始動

4月12日

災害用トイレ足りるか

三浦市

災害用トイレ足りるか

県下33市町村に本紙調査

3月29日

旧三崎中に複合施設整備

三浦地所

旧三崎中に複合施設整備

今秋ごろから順次開業へ

3月29日

浦賀沖でサーモン養殖

浦賀沖でサーモン養殖

若手漁師ブランド化めざす

3月29日

障害者目線で考える社会へ

障害者目線で考える社会へ

合理的配慮 4月から義務化

3月15日

あっとほーむデスク

  • 4月12日0:00更新

  • 3月29日0:00更新

  • 3月15日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年4月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook