逗子・葉山版 掲載号:2014年5月23日号 エリアトップへ

船舶使用し、災害時救助 逗子市とNPO法人が協定

政治

掲載号:2014年5月23日号

  • LINE
  • hatena
協定書を交わす平井市長(左)と竹山理事長(右)
協定書を交わす平井市長(左)と竹山理事長(右)

 逗子市は地震や風水害などの災害が発生した際に、海上の船舶を使用して水難救助や海上輸送業務にあたる協定を9日、NPO法人湘南海上安全協会(竹山博理事長)と締結した。有事の際に同協会が、所有する水難救助艇などを使用しながら救援活動などに協力するもので、市によると船舶を所有する民間団体との協定は初。防災対策の向上に期待が寄せられる。

 同協会が所有するのは水上救助艇と水上バイクの各1艇。2011年から市から逗子海水浴場の監視業務委託を受けており、ライフセーバーら約30人が所属する。協定が定める支援内容は船舶出動が必要な消化活動や油漏れなどの防除業務、水難救助、災害時の物資輸送など8項目。締結式であいさつに立った平井竜一市長は「海がありマリンレジャーも盛んな一方、逗子は水難のリスクを抱えている。海上安全を守る意味で協定は大変心強い」と述べ、竹山理事長は「微力ながら、救難救助に出来る限り協力したい」と応じた。

逗子・葉山版のローカルニュース最新6

元気と生きがい地域に

元気と生きがい地域に 社会

有志団体がNPO法人化

4月30日号

弦楽合奏を堪能

弦楽合奏を堪能 文化

小泉ひろしさんが指揮

4月30日号

学生繋がる機会に

学生繋がる機会に 文化

団体の活動ウェブで紹介

4月30日号

展示スペースを一新

展示スペースを一新 文化

葉山まちづくり館

4月30日号

話題の場所に記者潜入

話題の場所に記者潜入 社会

レアな情報サイト

4月30日号

県内SDGs事例を冊子に

県内SDGs事例を冊子に 経済

中小企業の15事例掲載

4月30日号

あっとほーむデスク

  • 4月30日0:00更新

  • 4月16日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter