逗子・葉山版 掲載号:2015年2月27日号 エリアトップへ

逗子市一般会計 1.5%減で182億円 人口減、少子高齢対策に重点

政治

掲載号:2015年2月27日号

  • LINE
  • hatena

 逗子市の平井竜一市長は18日、2015年度当初予算案を発表した。一般会計は前年比1・5%減の182億円6千万円、特別会計を含む総額は同2・2%増の345億3200万円となった。新年度予算案を「人口減少・少子高齢化克服予算」と銘打ち、子育てや教育環境の拡充に加え、池子の森自然公園整備や逗子海水浴場の運営などに重点配分した。

小6まで医療助成拡大

 一般会計の歳入では、市税のおよそ半分を占める市民税が前年度比3400万円(0・7%)増の49億7500万円。固定資産税は同3千万円(0・9%)減の32億9300万円、都市計画税は同1100万円(1・2%)減の8億7400万円で市税全体では0・1%減の94億2300万円となっている。一方、焼却炉改修や第一運動公園整備など前年度までの大規模事業が一段落し、市債発行額は同25・9%減の12億7500万円。平井市長は「歳入の見込みが厳しい中で予算編成した」と説明した。


 歳出では、「『人口減少と少子高齢化を乗り越える持続可能な社会』の基盤を作る」ことを目標に関連する施策に重点的に予算を割り当てる。子育て・教育環境対策では、これまで小学3年生までだった小児医療費の助成対象を国の交付金を活用し、10月から小学6年生まで引き上げる(781万円)ほか、待機児童解消のため保育所施設整備費(1830万円)などを計上。高齢化対策では、高齢者の見守り活動などを行う地域包括支援センターを1カ所増設する(6844万円)ほか、生活支援や介護予防サービスの体制整備(788万円)を盛り込んだ。

 また2月に開園した「池子の森自然公園」の整備については防球ネット増設(8889万円)や多機能トイレ2棟の建設(4763万円)など約1億5200万円を計上。整備費の3分の2は国の補助金を充てる。逗子海水浴場については警備費など今年度並みの運営費(2578万円)を盛り込んだ。

 このほか、市商工会が発行する「プレミアム商品券」への助成事業(5220万円)、「(仮称)療育・教育の総合センター」の整備事業(1326万円)、妊婦健診事業(992万円)など。

逗子・葉山版のトップニュース最新6

下田市と友好都市協定

葉山町

下田市と友好都市協定 社会

御用邸を縁に連携強化

1月21日号

3回目接種前倒し

逗子市葉山町

3回目接種前倒し 社会

無料バスも運行

1月21日号

空き家バンク活性化へ

空き家バンク活性化へ 社会

助成事業受付3月末まで

1月7日号

植物との暮らし後世に

植物との暮らし後世に 文化

(一社)はっぷが書籍刊行

1月7日号

「対話通じ諸課題に着手」

「対話通じ諸課題に着手」 政治

3期目折り返しの年 抱負語る

1月1日号

いざ、「鎌倉殿の13人」

大河ドラマ特別インタビュー

いざ、「鎌倉殿の13人」 文化

出演・中村獅童さん語る

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 1月21日0:00更新

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook