逗子・葉山版 掲載号:2017年1月27日号 エリアトップへ

三浦半島観光連絡協議会 市民アイデア事業に反映 住民参加でワークショップ

政治

掲載号:2017年1月27日号

  • LINE
  • hatena

 三浦半島4市1町と県、観光協会、鉄道会社で構成する「観光連絡協議会(三観協)」は、地域の魅力最大化に向け「アイデアソン」実施することを明らかにした。広域観光推進体制の基盤となる「地域連携DMO」の設立に向けた動きで、25日、各自治体の首長らが記者会見を行った=写真。

 「アイデアソン」は特定のテーマについて、多様なメンバーで対話を通じてアイデアを創出するワークショップ。今回は三浦半島地域の関係団体や事業者、住民を交えて観光資産の洗い出しを行い、集客や活性化の具体的なモデル事業を提案していく。

 国の地方創生推進交付金の一部を活用した事業で、3月末まで全6回を予定。一般の参加も募っていく。同協議会ではこれまで、観光情報のWEBサイト「LAUMI(ラウミ)」とデジタルサイネージによる発信や地場産メニューの開発、マイルストーンを活用したサイクルスタンプラリーなどを連携して手掛けており、これら事業の展開例も検討していく。「半島外から移住した人や、検討している人などの視点も取り込みたい」と新たなアイデア発掘に期待している。

逗子・葉山版のローカルニュース最新6

家族の姿あぶり出す

家族の姿あぶり出す 文化

逗子市在住 喜多さん新作

11月15日号

「子どもの未来に役立てて」

ずし呑み実行委

「子どもの未来に役立てて」 社会

市内3団体に寄付

11月15日号

花の木公園で譲渡会

花の木公園で譲渡会 文化

獣医師による講義も

11月15日号

思い出話に花咲かす

思い出話に花咲かす 社会

沼間中でカプセル開封

11月15日号

「首里城再建できることを」

「首里城再建できることを」 社会

沖縄まつり実行委

11月15日号

逗子中生の研究展示

理科ハウス

逗子中生の研究展示 教育

工夫や過程辿る

11月15日号

逗子の魅力カレンダーに

逗子の魅力カレンダーに 社会

市観光協会で販売中

11月15日号

あっとほーむデスク

  • 11月15日0:00更新

  • 11月1日0:00更新

  • 10月18日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月15日号

お問い合わせ

外部リンク