逗子・葉山版 掲載号:2018年2月9日号
  • googleplus
  • LINE

葉山町予算案 福祉・教育面に重点 予算規模は過去10年で最大

政治

 葉山町は7日、2018年度当初予算案を発表した。一般会計は6年連続増額の96億7500万円(前年比2%増)。特別会計などを含む総額も過去10年で最大規模となった。社会保障費などの扶助費や公共施設整備の関連費用が膨らむなか、福祉や教育面に重点を置いた。予算案は13日から始まる町議会第1回定例会に提案する。

 18年度は町の第4次総合計画実施計画の初年度にあたる。山梨崇仁町長は同日の会見で、「扶助費が増大するなか、財政的に厳しい状況は続いている」としつつ、「町民への還元になり、様々な分野でシナジー(相乗)効果のある政策を重視した」と説明。具体例として、▽小児医療費助成を所得制限なしで今年12月から現行の小学6年生から中学3年生まで拡充▽70歳以上が対象の京浜急行バス「ふれあいパス」の購入費助成▽町が推進する「貯筋運動」のポイント制導入―をあげた。

 歳入では、約6割を占める町税が町民税の増加(4・2%)により、前年度比1・1%増の56億4963万円。地方交付税は前年度実績を踏まえ、2・2%増の4億7千万円、国庫支出金は3・7%増の8億2835万円を見込む。一般家庭の預金にあたる財政調整基金からの繰り入れは40・3%増の3億1100万円、町債は全体で25%増の5億円とした。

 歳出では、全体の約3割を占める人件費がほぼ横ばいの28億3898万円(0・5%増)。扶助費は保育給付費や障害者自立支援給付費などの増加で前年度比5・3%増の15億6471万円に膨らんだ。

 公共施設整備にあてる投資的経費は、都市計画道路の整備工事終了などで前年度比16%減の4億4202万円にとどまったものの、次年度以降に大型公共施設整備が控える。

 小中学校の給食センター整備に向けた設計業務委託費7114万円を計上したほか、町クリーンセンターの解体と再整備に向けた敷地測量業務委託費など3121万円を盛り込んだ。

 山梨町長は公共施設整備について「老朽化の問題もあり、避けて通ることはできない。真っ向から向き合うことは大きな課題」と述べた。

会見する山梨町長
会見する山梨町長

逗子・葉山版のトップニュース最新6件

地域包括支援センター新設

葉山町

地域包括支援センター新設

9月7日号

U-17大会で世界一

杉匠真さん

U-17大会で世界一

9月7日号

南郷中のブロック塀撤去

葉山町

南郷中のブロック塀撤去

8月24日号

県の開設許可下りる

逗子市総合病院

県の開設許可下りる

8月24日号

草津町との友好 節目祝う

葉山町

草津町との友好 節目祝う

8月3日号

逗子マリーナで事前キャンプ

セーリングスペイン代表

逗子マリーナで事前キャンプ

8月3日号

逗子・葉山版の関連リンク

あっとほーむデスク

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年9月7日号

お問い合わせ

外部リンク