藤沢版 掲載号:2021年11月19日号 エリアトップへ

江の島サムエル・コッキング苑 展示体験棟が完成 温室遺構活用し観光活性

経済

掲載号:2021年11月19日号

  • LINE
  • hatena
完成した温室遺構展示体験棟と落成式であいさつする鈴木市長
完成した温室遺構展示体験棟と落成式であいさつする鈴木市長

 近代歴史遺産を活用した新たな観光施設が12日、江の島サムエル・コッキング苑内に完成した。かつて英国人貿易商の別荘と庭園だった時代に使われた温室遺構を活用し、植栽温室をイメージした展示体験棟に改修。「通年型観光」を掲げる市などはウィズコロナ、アフターコロナを見据えた日中観光の推進に役立てたい考えだ。

 建物は鉄骨平屋造で延べ床面積は約60平方メートル、高さ約5m。国内では唯一現存するというレンガ造りの温室遺構の上に建てられる形で全面ガラス張りとなっており、室内から貴重な遺構を覗き見ることができる。

 同苑前身の庭園は明治時代に英国人貿易商のサムエル・コッキング氏が私財を投じて造成。南国植物を育てるためのスチーム温室は当時、東洋一の規模とされた。棟内にはパネルや写真を展示し、コッキング氏の功績を紹介。南国由来の観葉植物も展示し、往年の雰囲気を演出した。

 市は江の島を基軸にした「通年型観光」の推進を掲げており、近年はイルミネーションを中心に夜間の観光振興が奏功。一方、日中の客足増が課題となっており、同苑開設者の市と運営者の江ノ島電鉄が検討を進めてきた。再整備は2カ年事業で、来年には交流や体験ができる施設なども新設。回遊性を高め、1年を通じて楽しめる施設としてPRしていく。

 12日の落成式で鈴木恒夫市長は「施設名にあるコッキング氏の由来を知らない人も多かったと思う。歴史のストーリーを発信する大変有意義な施設ができた」とあいさつ。市観光協会の湯浅裕一会長は「コロナで打撃を受けた江の島の観光業にとってうれしい限りだ」と歓迎した。

壁や床がガラス張りで遺構を覗き見ることができる
壁や床がガラス張りで遺構を覗き見ることができる

藤沢版のトップニュース最新6

密避け2年ぶり成人式

密避け2年ぶり成人式 社会

3部制、時間短縮「極力簡素に」

1月14日号

感染拡大 2週間で8倍

感染拡大 2週間で8倍 社会

「第6波の入り口」市警戒

1月14日号

「勝って世界に挑戦」

ボクシング森且貴選手

「勝って世界に挑戦」 スポーツ

初のタイトル戦へ決意

1月7日号

2市1町で連携協定

パートナーシップ宣誓制度

2市1町で連携協定 社会

転出時、一部手続き省略

1月7日号

「第6波」へ備え強化

新春市長インタビュー

「第6波」へ備え強化 社会

「感染対策、引き続き徹底を」

1月1日号

「挑戦」2季ぶりVへ

神奈川FD

「挑戦」2季ぶりVへ スポーツ

川村監督新体制「投手力強化を」

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月14日0:00更新

  • 1月7日0:00更新

  • 12月24日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook