寒川版 掲載号:2019年9月6日号 エリアトップへ

ベルリンから寒川町に移住した画家 熊野 海さん 岡田在住 36歳

掲載号:2019年9月6日号

  • LINE
  • hatena

覚悟決め 選んだ絵筆

 ○…住宅街の一角、元々店舗だったという扉を開くと、絵の具の香りが漂った。壁には畳のようなサイズのキャンバスが並ぶアトリエ。ここで大作が生まれている事を知る人は少ないだろう。気鋭の若手が見つめているのは、現代の不穏な空気。日常のささやかな幸せとともに、爆発や崩壊、忘却や不安感を溶かすように描く。いや、キャンバスの向こうから浸み出すようにも。

 ○…福井県鯖江市生まれ。陶芸家の父の影響を受け、少年時代から土をこね、ゴジラを作って窯で焼いていた。陶芸の世界では心をこめて形作ったものが焼く最中に割れてしまったり、他の作品の爆発に巻き込まれる理不尽さもあった。東京藝術大学でも陶芸を専攻していたが、卒業後に画家への転身を決めた。絵には陶芸のような「用の美」はない。「いいねと言われなければゴミでしかないんです」。より純粋な美術を求めて親とぶつかり、家業を捨てる覚悟で絵筆を握ったものの、キャンバスを前に描けなかった。故郷を離れ、ひきこもりも経験した。若手の登竜門とも言われる展覧会の締切を知り、何とか仕上げた1枚が入選。これを期に岡本太郎現代芸術賞展などで評価されるようになった。

 ○…助成金を受けて在外研修員としてドイツに滞在し、その刺激は今も画風を変容させている。芸術真っ盛りのベルリンから寒川に移ったのが2年半ほど前。たまたま作品が入る天井の高い物件に出会えたというのが理由だ。きりりと結んだ口を緩め「元々人ごみが苦手なので丁度いい。都内へも行きやすい」。描き疲れたら清々しい空気を求めて寒川神社へ。ご近所からの野菜やおかずのお裾分けに感動しつつ、画家はもうすぐパパになる。寒川での子育てはどんな刺激になるだろうか。

寒川版の人物風土記最新6

原田 暁さん

よこはま動物の森公園で開催中の「森Lab」でアートを展示する

原田 暁さん

小谷在住 63歳

9月25日号

藤澤 真美さん

住宅街の一角でパン作りを教える

藤澤 真美さん

倉見在住 47歳

9月11日号

勢登 土志夫さん

湘南遺産に登録された水道記念館(宮山)で館長を務める

勢登 土志夫さん

横浜市在住 68歳

8月28日号

橋口泰子さん

国際ソロプチミスト寒川の新会長となった

橋口泰子さん

茅ヶ崎市在住 74歳

8月7日号

若林 隆さん

「おいしいおかえし」を主催する、寒川町料理飲食業協会の会長を務める

若林 隆さん

寒川駅前「巴屋」勤務 52歳

7月24日号

井上 晋一さん

寒川ロータリークラブの新会長に就任した

井上 晋一さん

倉見在住 60歳

7月10日号

あっとほーむデスク

  • 9月25日0:00更新

  • 8月28日0:00更新

  • 7月10日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年9月25日号

お問い合わせ

外部リンク