平塚版 掲載号:2018年3月15日号 エリアトップへ

西口再開発を検討 見附台との相乗効果狙い

政治

掲載号:2018年3月15日号

  • LINE
  • hatena
現在の西口の様子
現在の西口の様子

 平塚市はまちのにぎわい創出を見据え、2018年度から駅西口周辺の再開発について検討に入る。18年度当初予算案で「中心市街地活性化推進事業」に1893万4千円を計上した。

 市都市整備課によると、現在駐輪場として利用されている市有地を中心とする西口再開発の検討はこれまでもあったが、そのたびに見送られてきた経緯がある。駅西口には私有地も多く、地権者との合意形成は容易でないのが実情だ。

 こうしたなか、新年度の新規事業に西口再開発の検討を盛り込んだ背景には、現在進められている見附台周辺の再開発事業がある。

 この事業は、2・5haの公用地に公共施設や商業施設を建てるというもの。崇善公民館と市民活動センターを18年度に先行整備し、(仮称)新文化センターなどは19年度着工、21年度の供用開始を目指している。

 市では、西口再開発と見附台周辺再開発との相乗効果により、中心市街地での回遊性の向上を図りたい考え。同課担当者は「まちのにぎわい創出にむけ努力していきたい」としている。

平塚市選挙管理委員会

衆議院議員総選挙の投票日は10月31日です。期日前投票もご活用ください。

http://www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/senkyo/index.html

<PR>

平塚版のローカルニュース最新6

海のごみ問題を知る

海のごみ問題を知る 社会

市民団体らが検証

10月21日号

新米を100人に

新米を100人に 文化

24日「朝市」

10月21日号

海街フェス開催

海街フェス開催 文化

自然素材の工作も

10月21日号

福祉ボラスクール

福祉ボラスクール 社会

参加者募集中

10月21日号

不登校の不安を共有

不登校の不安を共有 教育

保護者向け談話開催

10月21日号

着物リメイク「ちくちく展」

意見広告・議会報告政治の村

  • 日本を前に進める

    特別対談

    日本を前に進める

    河野太郎 前ワクチン接種担当・規制改革相×牧島かれん デジタル相

    10月14日号

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 9月30日0:00更新

  • 9月23日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook