平塚版 掲載号:2019年6月6日号 エリアトップへ

ベルマーレ 反撃届かず2連敗 金子大毅の戦列復帰に光明

スポーツ

掲載号:2019年6月6日号

  • LINE
  • hatena
武富のゴールをアシストした古林
武富のゴールをアシストした古林

 湘南ベルマーレの第14節は5月31日、ホームで横浜F・マリノスと対戦し、1対2で敗れて勝ち点を伸ばせなかった。

 湘南はU―20日本代表や累積警告による出場停止で前節(神戸戦)から先発5人を入れ替え、山口和樹が今季初スタメンでFWに入った。

 序盤から山口とレレウが起用に応えるアグレッシブなプレーでシュート放つと、横浜FはFW仲川を中心に攻撃を組み立て、攻防が入れ替わる一進一退の展開になった。

 試合が動いたのは前半12分。ペナルティエリア右を突いたスルーパスをドリブルで運び、グラウンダーで流れるようにつないで横浜Fが先制する。

先制点を機に横浜Fが攻勢を強めたが同26分、相手のクリアミスを突いたFW武富孝介がフリーでペナルティエリアに侵入、相手DFに倒されたがオフサイドの判定でPKとはならなかった。

 同44分、左コーナーキックから湘南が同点に追いつく。レレウのパスは一度跳ね返されたが、古林将太が拾ってドリブルから高速クロスを供給。これに武富が飛び込んでネットを揺らして試合を振り出しに。ゴールを決めた武富は古林のもとに走り寄り、抱き合って喜びを爆発させた。

 後半も攻防が入れ替わるスピーディーな展開となった。最初に好機を迎えたのは湘南だった。同9分、ロングパスを左サイドで受けたレレウがダイレクトで折り返したクロスに指宿洋史が頭で合わせたが、相手GKが好セーブ。湘南は自陣ゴール前のピンチでは身体を投げ出すなど、高い集中力を見せて相手の好機を潰していたが同18分、混戦からこぼれ球を押し込まれて追加点を許す。

 1点を追いかける湘南は直後にJ初出場のデュマスとケガにより出遅れていた金子大毅を相次いで投入、同33分には野田隆之介をピッチに送り込んで攻撃の活性化を図ったが反撃も届かず。松田天馬のフリーキックがクリアされたところでホイッスルを迎えた。

 次節は14日、敵地で現在8位のサンフレッチェと対戦する。

平塚版のローカルニュース最新6

「きちきち」オープン

「きちきち」オープン 社会

商店街の活性に期待

4月2日号

デジタル案内”初運行”

神奈中バス平塚駅北口

デジタル案内”初運行” 経済

車椅子や多言語にも配慮

4月2日号

221万円を賠償請求

221万円を賠償請求 政治

平塚市、渡部市議を提訴

4月2日号

「人生100年時代」に対応

平塚市

「人生100年時代」に対応 社会

政策ビジョンを策定

4月2日号

「未来の命を守れ」

ベルマーレ

「未来の命を守れ」 社会

2選手が葉酸サプリ寄贈

4月2日号

住民同士で健康づくり

住民同士で健康づくり 社会

市がボランティア養成へ

4月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 3月26日0:00更新

  • 2月27日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月2日号

お問い合わせ

外部リンク