秦野版 掲載号:2015年8月1日号
  • LINE
  • hatena

市内中学水泳選手 全国大会に2組 関東大会にも1人出場

スポーツ

400mメドレーリレーに出場する西中チームのメンバー。左から曽我さん、伊勢さん、蒲原さん、吉田さん、鍵矢さん
400mメドレーリレーに出場する西中チームのメンバー。左から曽我さん、伊勢さん、蒲原さん、吉田さん、鍵矢さん
 7月21日と22日に横浜市で開催された神奈川県中学校水泳競技大会で、西中学校の400mメドレーリレーチームと100m平泳ぎの吉田杏子さん(2年)が、全国大会に出場することが決まった。100m背泳ぎで渋沢中学校の山崎友萌さん(3年)も関東大会に出場する。

 予選会を兼ねた同大会で、全国大会出場の標準タイムを突破して出場を決めた西中の400mメドレーリレーチームのメンバー。平泳ぎの吉田さんはリレーに加えて、個人100m平泳ぎにも出場する。「全国出場をめざして毎日練習を重ねてきたのでうれしい。全国大会でも自己ベストを更新して決勝に残りたい。リレーはこのチームで臨む最後の大会。悔いの残らないレースをしたい」と話す。

 また背泳ぎの鍵矢夏花さん(3年)は「昨年は標準タイムを切れず、全国大会出場を逃した。全国出場が決まった時は皆でうれしくて抱き合った」と出場を喜ぶ。バタフライの蒲原青空さん(3年)は「全国大会に向けさらに練習を重ねてタイムを上げていきたい。中学最後の大会になるので悔いのないよう泳ぎきりたい」と抱負を話す。また自由形の伊勢愛美さん(2年)は「1年間練習を重ねた甲斐があった。予選ではタイムを少し落としてしまったが、全国大会ではベストが出せるよう練習したい」と話した。バックアップのメンバーとして控える曽我百菜さん(3年)は「皆が全力を出せるよう、精いっぱいサポートしたい。もし自分が出場する機会があればチームのために全力を尽くしたい」と話す。

 一方、関東大会に出場する100m背泳ぎの山崎友萌さんは「全国出場を逃し、悔し涙を流しました。今は気持ちを切り替え関東大会優勝を狙います」と誓った。

 第55回全国中学校水泳競技大会は8月17日(月)から秋田県で、第39回関東中学校水泳競技大会は8月10日(月)から都内で行われる。

個人100m平泳ぎにも出場する吉田さん
個人100m平泳ぎにも出場する吉田さん
100m背泳ぎで関東大会に出場する山崎さん
100m背泳ぎで関東大会に出場する山崎さん

秦野版のトップニュース最新6件

秦野勢初のベスト4に

少年野球部コメッツ

秦野勢初のベスト4に

12月14日号

創意くふう展で県知事賞

小児医療費助成を拡大へ

市内の危険バス停を公表

神奈川県警

市内の危険バス停を公表

12月7日号

「センター方式」を答申

中学校完全給食推進会議

「センター方式」を答申

11月30日号

再編・集約で9部50課に

秦野市

再編・集約で9部50課に

11月30日号

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 12月7日0:00更新

  • 11月30日0:00更新

  • 11月23日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

親と子の音楽会

親と子の音楽会

12月23日 文化会館

12月23日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク