秦野版 掲載号:2019年8月23日号 エリアトップへ

西湘Future 創部4年で初のメダル 全国大会で3位に入賞

スポーツ

掲載号:2019年8月23日号

  • LINE
  • hatena
メダルに喜びのメンバー
メダルに喜びのメンバー

 第5回全国女子中学生硬式野球選手権大会が横須賀市で開催され、神奈川県から出場した「西湘Future(加藤みどり代表)」が3位に入賞。創部4年目で初のメダルを獲得した。

 同大会は一般社団法人全日本女子野球連盟主催、全日本女子硬式野球クラブ連盟共催で開かれ、横須賀スタジアム、令和佐原球場の2会場で7月28日から31日まで熱戦が繰り広げられた。大会には埼玉、大阪、東京などから18チームが出場。西湘Futureは第2回大会から出場し、今回初の準決勝進出を果たした。

1回戦は3回コールド勝ち

 全日本女子野球連盟に所属する同チームは1回戦で岩手県の「MKSI FRIENDS いわて(連盟所属)」と対戦。先発ピッチャーがリズムをつくり順調に得点を重ねていった。守備でも相手打線を1点に抑え、11対1と3回コールド勝ちとなり、1回戦をなんなく突破した。

2回戦も5回コールド

 続く2回戦では埼玉県の「ハマンジJr.(連盟所属)」と対戦。ここでは先行されたもののすぐに取り返して逆転。その後は数多くのチャンスをつくったが、なかなか得点できず苦しい展開となった。それでも5回に5点を入れて8対1とし、5回コールド勝ち、終わってみれば完勝となった。

3回戦はタイブレーク勝利

 ブロックの決勝となった3回戦は千葉県の「LSレディース(リトルシニア所属)」と激突した。初回から一進一退の攻防が続き5回までお互いがゼロ行進。6回、7回と相手に1点ずつ取られ、追う展開となったが、最終回の7回ウラに2点をもぎとった。タイブレークとなった8回は相手の攻撃をゼロに抑え、スクイズで1点を取り3対2でサヨナラ勝ちを収めた。

初の準決勝では力及ばず

 ブロックでは力を遺憾なく発揮し、準決勝に駒を進めた同チーム。これまで未踏だった舞台では「ボーイズリーグ中日本女子(ボーイズリーグ所属)」と対戦。4人いる投手陣の中のエース、2番手が投げられる状態ではなかったことが響き、大会で優勝を飾った相手の攻撃を止められず8対15で無念の敗退となった。

 チームのキャプテンを務める田上亜純さん(大根中学校3年)は「初めての表彰が嬉しい。チャンスの時にチーム一丸となって盛り上がれたのが良かった」と話した。

 元気で明るいところがチームの特徴と話す加藤文彦監督は「今年は1年生が多く入ってくれたことで2、3年生にも良い刺激となり競争がレベルアップにつながった。投手陣の頑張りで初のメダルが取れた。選手たちに感謝しています」と大会を振り返った。

 同チームは主に堀山下の島津製作所グラウンドで練習を行っている。入部希望も募っており、詳しくは同チームのHPへ。

 同チームの選手は以下の通り(敬称略)。近藤由唯、山田ナミ、中川爽、佐野未来、木戸心和、石川珠梨、高野桃愛、鈴木梨心、小田嶋光、元木遥香、石阪柚菜、田上亜純、丹山惟央里、大川涼翔、葛野仁子、山本羽純、池本愛結、鈴木抄彩、清水香澄海、阿部凛希、志賀舞夏、水島来望、野々山暁香、三枝もか、山口茉莉香、水品彩夏
 

新型コロナ感染拡大防止サービス

皆様に代わってドライバーが代行します!

http://www.aizu-taxi.co.jp/index.html

<PR>

秦野版のトップニュース最新6

分散登校で学校再開

秦野市

分散登校で学校再開 教育

6月1日から段階的に

5月29日号

コロナ対策に23事業追加

秦野市

コロナ対策に23事業追加 社会

事業予算11億円盛り込む

5月29日号

体制強化図り人事異動

秦野市

体制強化図り人事異動 政治

6月1日付で実施

5月22日号

宅配・テイクアウトを支援

秦野市

宅配・テイクアウトを支援 社会

雇用調整助成金申請も支援

5月22日号

5月18日から申請書発送

特別定額給付金

5月18日から申請書発送 社会

オンラインはすでに開始

5月15日号

島半95ビルが着工

秦野総合高校入口信号そば

島半95ビルが着工 経済

薬のウエルシアが出店

5月15日号

あっとほーむデスク

  • 5月22日0:00更新

  • 5月15日0:00更新

  • 4月24日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月29日号

お問い合わせ

外部リンク