座間版 掲載号:2014年6月13日号

谷戸山にホタル舞う 社会

週末からピークの見込み

幻想的に舞うホタル※写真提供/川内輝彦さん
幻想的に舞うホタル※写真提供/川内輝彦さん
 座間市内のホタル生息地として知られる県立座間谷戸山公園で6月初旬から、幻想的な光を放つホタルが舞い始めている。見ごろのピークは、今週末から週明けの見込み。

 ホタルの保全に取り組む「座間のホタルを守る会」(内藤克利会長)が今年、園内で初観測したのは6月2日。3日と4日も飛ぶ姿を発見したが、5日〜7日は雨の影響で調査できなかった。8日は午後7時30分から1時間ほどで、36匹を確認。エリアも、園内中央に位置するわきみずの谷や水鳥の池から、西側入口の長屋門近くの田んぼまで、広がりを見せている。

 同会の脇田信雄さんによると、観測ペースは2013年とほぼ同じ。見ごろも、昨年と同じ6月中旬になると見込んでいる。

 座間市内でホタルが自然発生する場所は谷戸山公園、鈴鹿の泉(入谷)、いっぺい窪(南栗原)の3カ所。同会では2003年から公園で個体数を調査している。2006年からは保全活動を開始し、ホタルの餌のカワニナが繁殖するための水路整備、産卵場所となるコケが発生しやすい土手作りなどを続けている。観測数は増加傾向にあり、2012年には1日に最大96匹を観測した。

 公園ではホタルの時季に合わせて、北口駐車場(収容台数は39台)を午後9時まで開放している。期間は今月30日(月)まで。観賞時の注意点としては、ライトやカメラフラッシュなどをホタルに当てないこと。開放に関する問い合わせは谷戸山公園【電話】046・257・8388(〜午後5時)。観測状況は脇田さん【電話】046・254・6606。

座間版のトップニュース最新6件

プレミスト東林間さくら通り

小田急線「東林間」駅徒歩2分、暮らしやすさを追求した全193邸

http://www.daiwahouse.co.jp/mansion/kanto/kanagawa/higashirinkan/index.html?cam=63&med=44

<PR>

関連記事(ベータ版)

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

新田宿の魅力、一枚に

入谷在住吉田亘廣さん

新田宿の魅力、一枚に

きづきで写真展

12月1日~12月26日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月15日号

お問い合わせ

外部リンク