綾瀬版 掲載号:2017年4月7日号

ワイ・ケー電子

人と人を繋ぐ拠点へ 社会

「地域に開かれた工場」完成

地域に馴染めるよう開放感あふれるデザインと木造建築で設計
地域に馴染めるよう開放感あふれるデザインと木造建築で設計

 市内大上の(株)ワイ・ケー電子(井上幸雄社長)がこのほど、地域に開かれた木造の新工場を建設した。同工場は1階スペースを教室や集会など各種催しができる設計にしており、希望者は貸しホールとして利用することができる。こういった施設が少ない綾瀬において、「地域とものづくり企業とを結ぶ基板工場」としての新たな一歩を踏み出した。

 ワイ・ケー電子は、自動車・カメラ・医療など電子機器に使われるプリント配線基板を設計・製造する会社。丹沢の植樹や沖縄の珊瑚移植、年1回のビーチクリーンなど環境活動に力を入れているほか、昨年には「優良小規模企業者」として県から表彰を受けている。

 新工場設立に関しては次世代への継承を見据え、息子である井上雄亮常務に一任した。構想を練り始めた4年前は、今とは全く違う形から始まったという。

 設計担当は、ららぽーと湘南平塚内「チームラボアイランド―学ぶ!未来の遊園地―」などを手掛けるテクノロジー集団「チームラボ」所属の浜田晶則氏(浜田晶則建築設計事務所)。ワイ・ケー電子がチームラボの仕事を請け負っている縁で、紹介を受けた。

 当初の計画では鉄筋コンクリートだったが、「格好いいだけのビルになってしまった」と白紙撤回。木造建築に舵を切り直した。

 新たなコンセプト模索の中で、共に仕事をするチームラボの面々から大きな刺激を受けた井上常務は、次第に「地域と共存する工場」という方向性を見出す。現在の形に行き着き、「&(アンド)VILLAGE(ヴィレッジ)」というワイ・ケー電子が手掛ける空間の新提案を立ち上げた。

用途に応じ臨機応変に

 工場は1階を貸しホールとして利用できるマルチスペースに、2階を事務所スペースにした。部屋は間仕切りで調整でき、キッチンも備えているためパーティーや地域の集会、料理教室、英会話教室など用途に合わせた広さで活用できる。必要に応じ自社の仕事スペースにするなど、柔軟な対応が可能になっている。

 全面ガラス張りにすることで開放感を出し、天井にあえて梁や配管を出すことで「基板」を連想させるデザインにするなど、随所に工夫が散りばめられている。

 すでに運用は始まっており、利用時間は平日午前9時から午後9時と、土・日・祝午前9時から午後10時。ホームページ(www.andvillage.jp)から予約可能。受付開始前から早くも問合せが寄せられていたそうだ。

 「思い描いているのは、人が集う村(VILLAGE)。この空間で人と人が繋がり信頼関係が生まれることで、新たな活動やビジネスに繋がっていけば」と、井上常務は話している。
 

関連記事powered by weblio


綾瀬版のトップニュース最新6件

2部活7選手が全国へ

生蘭高等専修学校

2部活7選手が全国へ

7月21日号

“子どもの遊び”支え15年

ドリームプレイウッズ

“子どもの遊び”支え15年

7月21日号

古塩市長「1日も早い移駐を」

空母艦載機移駐

古塩市長「1日も早い移駐を」

7月7日号

綾瀬の球児 夢の舞台へ

吉岡サプリングス

綾瀬の球児 夢の舞台へ

7月7日号

「ものづくり女子」創出へ

返礼品事業の今後を探る

ふるさと納税

返礼品事業の今後を探る

6月23日号

関連記事(ベータ版)

綾瀬版の関連リンク

あっとほーむデスク

綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年7月21日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/