綾瀬版 掲載号:2017年6月9日号
  • googleplus
  • LINE

(仮称)綾瀬スマートIC開通遅れの見通しか6月定例会で市が答弁

社会

スマートICのパース図
スマートICのパース図

 2018年3月の開通を目指し整備が進められている「(仮称)綾瀬スマートインターチェンジ(IC)」の完成が遅れる可能性があることが、現在開会中の6月定例会の中で明らかになった。開通時期に関して古塩政由市長は「いつになるかは決められない」とした。

 (仮称)綾瀬スマートICは、綾瀬市・県・中日本高速道路の3者が共同で進めている事業。ETC搭載車専用のフルインターチェンジで、綾瀬バス停付近から県道42号に接続される。

 市は2015年から、用地取得や移転の交渉を地権者と行ってきた。市インター推進室によると、現段階で約8割の用地取得契約が終了しているという。

 一方で残り2割に関しては、移転先が見つからず合意に至っていない。本会議の中で市土木部長は「移転契約に関し、未契約のもので用地6件、保証で15件残っている」と答弁。現在操業中の企業もあり、この面積は2社で3千平方メートルになる。

 「企業の移転に関しては、会社の将来や社員の生活にかかる部分があり、物件等を互いに探しながら交渉を進めている状況。これから工事を進めていく中で、工事可能な箇所から順次進めていき、できるだけ工程に遅れが生じないよう調整をしていきたい」と、議会の中で土木部長は答弁している。

活用施策、周辺整備は進行

商工会長「早い完成期待したい」

 (仮称)綾瀬スマートICは、市民生活の利便性向上や地域経済の活性化、災害時の安全・安心の確保などを目的に進められている事業。慢性的に渋滞が起こる綾瀬バス停付近にICを設置することで、渋滞緩和を図る狙いもある。

 綾瀬インターチェンジ建設推進協議会会長を務める笠間茂治商工会長によると、IC設置の機運が高まり始めたのは1995年頃だという。その後、市民主体や市役所内のほか、その広域的利便性などから近隣市町や、商工会議所・商工会なども加わり検討委員会や協議会が立ち上がり、模索が続けられていった。

 この中で従来の開発型ではなく地域活性型のIC設置に関する制度ができたことを受け、同制度を利用した本線の上下線に接続できるフルICの構想が固まった。2013年には国土交通大臣から連結許可を受けている。綾瀬へのIC設置により、広域アクセス性の向上や既存IC周辺の交通負荷の軽減、企業活動活性化、大規模災害時の防災力向上などが期待されている。

 開通に向けて、市ではロケの誘致や工業振興施策に加え、道の駅のような独自の地域振興施設、バスを集約する「パークアンドバスライド」の設置など活用策を検討。また、市商工会が供用開始後のまちづくりを市民と語るワークショップを開くなど、民間による活用方法模索の動きもある。

 周辺道路の整備は一部で始まっており、本線の拡幅工事にかかる「下原橋」は3月11日にすでに撤去されている。今回の件を受け笠間会長は、「できるところから着手することでできるだけ工期を短縮し、早い完成を期待したい」と話している。
 

現在の綾瀬バス停付近(6月6日撮影)
現在の綾瀬バス停付近(6月6日撮影)

綾瀬版のトップニュース最新6件

若き職人 全国の舞台へ

佐藤翔悟さん(平本建築)

若き職人 全国の舞台へ

11月17日号

ビジネスアワードを受賞

ラテン大和(寺尾台)

ビジネスアワードを受賞

11月17日号

綾瀬の“おもしろ”七不思議 完成

町工場が実現した「残業ゼロ」

吉原精工(上土棚北)

町工場が実現した「残業ゼロ」

11月3日号

「ご当地サイダー」ラベル一新

矢部商店

「ご当地サイダー」ラベル一新

10月20日号

逆転勝利で日本一に

中村紗華さん(小園在住)

逆転勝利で日本一に

10月20日号

綾瀬版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月17日号

お問い合わせ

外部リンク