綾瀬版 掲載号:2017年10月20日号
  • googleplus
  • LINE

矢部商店「ご当地サイダー」ラベル一新親しみやすいデザインに

経済

ブタッコリ〜を使ったデザイン
ブタッコリ〜を使ったデザイン
 小園の矢部商店が開発し、2011年から販売している「ベリーサイダー」が、このほどラベルを一新した。市の公認キャラクターであるブタッコリ〜をあしらい、親しみやすく手に取りやすい「手土産にも使えるデザイン」として生まれ変わった。

 同店は戦前頃から続く地元商店。これまでにも市の花であるバラを使ったローズワインやバラの発泡酒など様々な試みを行い、4代目店主である貴洋さんが名産品「あやせ本醸造」を生み出すなど、地産地消や地域活性に力を入れてきた。

 こうした取り組みの中で、市内唯一のブルーベリー農園「あやせベリーガーデン」とコラボしたブルーベリーのビール「ベリーエール」を開発。これがきっかけとなり、このソフトドリンクバージョンとして「ベリーサイダー」が生まれた。

 ベリーエールはすでに廃盤となっているが、同サイダーは蓋を王冠から開けやすいキャップ式に変更し、瓶の形状も変えるなど2度のリニューアルを経て今の形になった。購買層は子どもを中心に、イベント出店などでの需要が多くあるという。

産みの親がデザイン

 3度目となる今回、初めてラベルが一新された。「ブタッコリ〜とブルーベリー、ブラックベリーを使って欲しい」という矢部商店の依頼を受け、ブタッコリ〜の生みの親である竹内千賀子さんがデザインを担当している。

 「ベリーの紫を基調に、親しみやすくて可愛いデザインを意識しました」と話す竹内さん。スッキリ爽やかな味わいをもつ同サイダーの特徴から「女性や子どもが好む味では」と考え、この層が思わず手に取りたくなるようなイラストに仕上げた。

果汁も倍に増量

 内容量は275ミリリットル。ブルーベリーとブラックベリー4kgずつを使用し600本を生産。ラベルだけでなく果汁もこれまでの1%から2%に変え、爽やかさはそのままにより飲みごたえのある味に変更されている。

 同サイダーは矢部商店(小園1312)ほか、JAさがみ直売場グリーンセンター綾瀬と市役所1階のともしびショップむーでも取り扱っている。また、11月19日にオーエンス文化会館駐車場で開催される「あやせ産業まつり」での販売も予定されている。

 問合せは同店【電話】0467・78・3591へ。

商品を手に説明する矢部さん
商品を手に説明する矢部さん

綾瀬版のトップニュース最新6件

若き職人 全国の舞台へ

佐藤翔悟さん(平本建築)

若き職人 全国の舞台へ

11月17日号

ビジネスアワードを受賞

ラテン大和(寺尾台)

ビジネスアワードを受賞

11月17日号

綾瀬の“おもしろ”七不思議 完成

町工場が実現した「残業ゼロ」

吉原精工(上土棚北)

町工場が実現した「残業ゼロ」

11月3日号

逆転勝利で日本一に

中村紗華さん(小園在住)

逆転勝利で日本一に

10月20日号

陸上競技2種目で国体へ

中村紗華さん(小園在住)

陸上競技2種目で国体へ

10月6日号

綾瀬版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月17日号

お問い合わせ

外部リンク