緑区版 掲載号:2015年10月22日号 エリアトップへ

浦島伝説と神奈川宿巡る 古道を行く歴史散策

文化

掲載号:2015年10月22日号

  • LINE
  • hatena
太郎父子の供養塔を眺める参加者ら
太郎父子の供養塔を眺める参加者ら

 緑区ガイドボランティアの会が主催する歴史散策「横浜の浦島伝説&神奈川宿めぐり」が10月15日、京急神奈川新町駅を起点に開催された。

 区民ゆかりの古道たどる

 神奈川湊から鶴見川と恩田川南岸の小机、鴨居、中山、十日市場、長津田へと向かい、成瀬、町田、木曽御殿峠を経て八王子に達する「神奈川道」。古くから生活物資の輸送路として活用され、特に緑区や青葉区で盛んだった養蚕を支える「絹の道」としても役割を担ってきた。

 緑区民にとっても馴染みの深い「神奈川道」の起点となる神奈川湊周辺(神奈川区)には浦島太郎が竜宮城から帰った際、父母が葬られている武蔵国・白幡に行こうとこの地を訪れ、足を洗ったとされる井戸と川、竜宮城の乙姫様からもらった「聖観世音菩薩」を祀ったとされる観福寺跡(現・蓮法寺)がある。

 同寺は明治初期に火災で焼失したが、「聖観世音菩薩」は、親寺であった慶運寺に移され現存する。秘仏とされ12年に一度だけ御開帳されているという。

 全国に伝えられる浦島伝説のほとんどは、太郎が玉手箱を開け老人になるという話だが、横浜に伝わる語は太郎が竜宮城から観音像を持ち帰り、玉手箱は開けずに人々の守護神となるというもの。

 参加者らは同所に今なお残る太郎父子の供養塔などを訪ね、遠い伝説に思いを馳せた。江戸時代、同寺が「浦島寺」として有名だった話や、周辺に「浦島町」や「浦島丘」といった地名が残っている話をガイドボランティアから聞いた参加者らは、熱心に耳を傾けていた。

「おりょう」に思い馳せ

 その後、東海道との接点やその周辺の陣屋跡、幕末の砲台などを巡った一行は、横浜駅の近くで坂本竜馬の妻「おりょう」が仲居をしていた宿屋を訪ねた。

 「田中家」(旧・櫻屋)という宿屋は現在唯一残る神奈川宿の宿屋として、竜馬ファンなどからも親しまれる。訪問の際、若女将が宿屋から顔を出すと参加者からは大きな歓声があがった。参加者の中には「おりょう」が神奈川宿で働いていたことを知らなかった人も多く、驚いた様子だった。

 参加者らは「普段、電車の窓から何気なく眺めていた景色に思いがけない歴史や物語があったことに驚いた。自分の中で横浜がますます魅力を増したように思う」などと話していた。

緑区版のローカルニュース最新6

高校生の活躍の場を

【Web限定記事】

高校生の活躍の場を スポーツ

高3保護者らが署名活動

6月4日号

犯罪・事故発生状況

【Web限定記事】5月21日〜27日分

犯罪・事故発生状況 社会

緑警察署管内

6月4日号

区内施設が一部再開へ

【Web限定記事】

区内施設が一部再開へ 文化

緊急事態宣言解除受け

6月4日号

所属委員会が決定

所属委員会が決定 政治

県議会、新構成に

6月4日号

テレワークでアカペラ

22人の音楽家たち

テレワークでアカペラ 文化

ユーチューブで公開中

6月4日号

家で楽しむ動画発信中

昭和大学保健医療学部

家で楽しむ動画発信中 文化

ツイッターを使い

6月4日号

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 5月14日0:00更新

  • 3月26日0:00更新

  • 3月12日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年6月4日号

お問い合わせ

外部リンク