緑区版 掲載号:2019年1月1日号
  • LINE
  • hatena

横浜DeNAベイスターズの球団代表でチーム編成の最高責任者として舵を取る 三原 一晃さん 50歳

「1つ」でも多く、ハマスタで

 ○…横浜DeNAベイスターズ誕生の2011年から7年間、チームの組織作りを担い続けた高田繁GMが昨季限りで退任した。プロ選手としてもGMとしても偉大な同氏の跡を事実上引き継ぐ立場となり、「きっと、やりがいや難しさを一番感じる1年になる。築かれた基本方針は変えず、いかにスピーディーに判断できるか。一つひとつの意思決定が重い意味を持つ」と気を引き締める。

 ○…DeNAに入社後、13年に球団の事業本部長になり、16年から球団代表に。球団社長が経営を担うのに対し、代表はドラフトやトレード、育成などチーム編成の責任者だ。人事部門の経験が長く、「チームも1つの組織体。組織の運営について考える部分には、経験が一番生かせる」。その一方で野球経験はないため、「『スカウトの眼』が必要な部分は、チームの優秀なスタッフと相談しながら決めていきたい」と全員野球で臨む構えだ。

 ○…東京都出身だが、幼い頃から横浜ファンだった。「ビジネスになると、ファンでは居続けられない」としながらも、憧れのチームに関わる喜びを日々かみしめている。「責任とプレッシャーは非常に大きい。けれど、預かっているのはとても魅力的な役割。そのことに感謝しながらやっていきたい」と静かに語る。

 ○…昼休みには音楽を聴きながら関内エリアを散策するのが楽しみのひとつ。「勝てばいいけど負けてへこむ時には切り替えが重要になる。まち全体が変化に富んでいるのが楽しい」。チームは今年創設70周年で、ハマスタは春までに増席工事が一部完了する。熱い声援はこれまで以上のものになるだろう。「あれだけ熱狂的に応援して頂いたのに昨季は悔しいシーズンになった。1つでも多く勝って、ヒーローインタビューをお見せしたい」

緑区版の人物風土記最新6件

清家 健志さん

パソボラ緑の代表を務める

清家 健志さん

2月14日号

瀧本 明彦さん

横浜市体育協会 横浜スポーツ表彰を受賞した

瀧本 明彦さん

2月7日号

長島 敏晴さん

(一社)横浜北工業会専務理事で、「港福一夜城」で講演を行う

長島 敏晴さん

1月31日号

苅和野 修さん

総合電機メーカーから転職し、長津田地区センターの館長に就任した

苅和野 修さん

1月24日号

野並 晃さん

第68代(一社)横浜青年会議所理事長に就任した

野並 晃さん

1月17日号

新井 航世(はんせ)さん

横浜市「成人の日」記念行事実行委員会の委員長を務める

新井 航世(はんせ)さん

1月10日号

(公社)神奈川県薬剤師会

2/15(金)「くすりと健康相談薬局」県下一斉相談日。認定薬局はHPで。

https://www.kpa.or.jp/for-all/002-activity/21511/

<PR>

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

  • 7月5日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

青春を再び謳歌

青春を再び謳歌

やすらぎコンサート

2月20日~2月20日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年2月14日号

お問い合わせ

外部リンク