戸塚区版 掲載号:2011年7月21日号
  • googleplus
  • LINE

明学大 被災地の郷土史料 データ化へ 津波で現存2冊の「吉里吉里語辞典」

辞典を持つ浅川教授
辞典を持つ浅川教授

 明治学院大学(東京都港区)が、岩手県大槌町吉里吉里(きりきり)地区の方言が収録されている「吉里吉里語辞典」のデータ化に取り組んでいる。同辞典は東日本大震災の津波により流され、現存は2冊のみ。同大を中心に、多くのボランティアが郷土史料を蘇らせようとしている。

 データ化プロジェクトの発起人は同大社会学部の浅川達人(たつと)教授(46)。プロジェクトを立ち上げた6月26日から、学生や職員など延べ69人が協力している。

 吉里吉里地区は同県中部の海沿いに位置し、作家だった故・井上ひさしの著作「吉里吉里人」でも知られる。

 同辞典は吉里吉里に生まれ育った関谷(せきや)徳夫さん(79)が10年をかけて作った。2007年に初版と二版の計1000部を発行したが、多くが津波で流されたとみられ、現在確認できているのは2冊のみ。方言8000語超が掲載されている。

 同大は震災後、継続的に学生を被災地に派遣している。浅川教授も学生とともにボランティアを行い、その中で徳夫さんの息子である晴夫(はれお)さん(47)と出会った。前から辞典のデータ化を考えていた晴夫さんが浅川教授に依頼した。

 吉里吉里語では、「淦(あか)(船底にたまる水)」を「あが」と発音するように、語中の「カ行」は有声音化して「ガ行」となる。そのため、「上がり」(「時間的に〜の後に」の意)のように本来の「ガ行」が語中にきた場合は、すべて鼻濁音化して「あか゚り」と発音し、区別するのが特徴。浅川教授は「『淦』のような言葉からは、吉里吉里の人が海に密着した生活を送っていたことがわかる。辞典をデータ化し、言葉を残すことは生活を守ることにもなる」。徳夫さんは「言葉を保存してくれるのはありがたい」と話す。

 データ化は、浅川教授が現物からスキャンした画像をもとに、協力者が文字データにする。完成は1年ほどを想定しており、現地の人の音声データも盛り込みたい考えだ。同大横浜キャンパス(上倉田町)に通う宮尚美さん(2年)は「何か支援したいと思っていたが、これなら現地に行かなくてもできる」と協力している。データ化は一般の人も協力可能。詳細は同大ホームページで。
 

平成横浜病院ヘルスケアセミナー

4月28日(土) 社会ストレスと心臓血管病 参加無料

http://yokohamahp.jp/

<PR>

戸塚区版のトップニュース最新6件

「市政を大胆に前進」

法衣をキルトでリメイク

上矢部町在住諸星さん

法衣をキルトでリメイク

4月5日号

ごみ分別案内にAI導入

横浜市

ごみ分別案内にAI導入

3月29日号

区が独自の指針案 策定

地域包括ケアシステム

区が独自の指針案 策定

3月29日号

参加者30万人を突破

ウォーキングポイント

参加者30万人を突破

3月22日号

薬科大が地域に特別開放

旧ドリームランドボウリング場

薬科大が地域に特別開放

3月22日号

戸塚区版の関連リンク

あっとほーむデスク

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「タイル」素材のアート展

「タイル」素材のアート展

4月12日〜 さくらプラザ

4月12日~4月16日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年4月5日号

お問い合わせ

外部リンク