多摩区版 掲載号:2015年9月25日号 エリアトップへ

「かわさき市民後見をすすめる会」の代表を務める 倉田 宏さん 生田在住 76歳

掲載号:2015年9月25日号

  • LINE
  • hatena

困っている人をほっとけない

 ○…「これからは市民後見制度が重要になってくる。仕組みや現状を多くの人に知ってほしい」とその必要性を熱く語る。認知症や老化が原因で判断能力が低下した高齢者に代わり、生活や財産管理を法律面から保護・支援するのが成年後見制度。制度をもっと身近に感じようと、東京大学の市民後見人養成講座で学んだ市内在住の有志が集まり「かわさき市民後見をすすめる会」を2012年に結成。10月3日には、多摩市民館で学習会を開催する。「わかりやすく、気軽に参加できるものにしたい」

 ○…現在の活動を始めたきっかけは、約20年前。介護していた母が認知症を患った。読書好きで博識な母が別人になっていく姿を見て衝撃を受けた。認知症について学ぼうと、区内で活動する認知症ネットワークに入ると、認知症患者やその家族が抱える金銭的・法律的問題を目の当たりにした。「自分の権利や社会制度を知らないと不利になることがある。後見人をビジネスではなく地域の共助として近場でフォローしたい」

 ○…長崎での被爆体験が自身の人生観に強く影響している。原爆で父と祖父を亡くし、本家のある京都へ引き取られた。「普通なら死んでいた。助けてもらったという気持ちが強い」。育ての父が商家を営んでいたため、亡くなった際の相続手続きが大変だったことも現在の活動理由の一つ。「働き盛りだったためすべて業者任せになった」と悔やむ。「困っている人をほっとけない。何事もできるだけ前向きに取り組みたい」

 ○…会社員時代には技術系や財務、総務や人事など様々な職種を経験。「自身がわからないことは何でも調べてみよう」と、労務問題なども独学で勉強してきた。同会の活動を始めてから、ファイナンシャルプランナーや行政書士の資格も取得。今後はNPO法人設立を目指す。「自分の力が及ばないことはいくらでもある。努力しなきゃ。進歩しなきゃ」

多摩区版の人物風土記最新6

前島 誠一さん

今春から「ばら苑ボランティア会」の会長を務める

前島 誠一さん

宮前区在住 69歳

10月23日号

柴田 武さん

日本民家園のボランティア団体「炉端の会」で、今春から会長を務める

柴田 武さん

菅仙谷在住 74歳

10月16日号

矢島 茂さん

風景絵画展を毎秋開く市民団体「多摩川を描く会」の代表を務める

矢島 茂さん

登戸在住 71歳

10月9日号

高橋 孝次さん

菅の伝統野菜「のらぼう菜」と歩んだ人生を、集大成の一冊にまとめた

高橋 孝次さん

菅野戸呂在住 88歳

10月2日号

YOMA(ヨーマ)さん

男子4人組ダンス&ボーカルグループ「斬波」のリーダーを務める

YOMA(ヨーマ)さん

専修大学出身 28歳

9月25日号

なかむら なつきさん

ワガママSUNバンドの代表で、「子どもの権利の日」啓発動画を制作する

なかむら なつきさん

菅馬場在住 32歳

9月18日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月23日0:00更新

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク