多摩区版 掲載号:2021年1月1日号 エリアトップへ

中野島出身のお笑いコンビ 「サイダー」として活動する 水岡 ともやさん(本名:水岡友弥) 中野島在住 20歳

掲載号:2021年1月1日号

  • LINE
  • hatena

瞬発思考で笑わせる

 ○…高1の冬、幼なじみの相方・武本ヴァン(美文(よしふみ))さんと観衆100人を前にお笑いライブに出演し丸4年。昨夏から事務所「K―PRO」に所属する新成人コンビだ。「社会人として一番若い年齢。いっぱい失敗していろんなことやりたい」と瞳を輝かせる。

 ○…中野島幼稚園時代、オリジナルの漫画を描き、工作に熱中。「表現するのが好き。その手段がお笑いだったのかな」。中野島小6年のときは、「目立ちたい」思いが共通した武本さんらと、クラス独自の「お笑い係」として笑いをとった。高校で相方と離れ、県立生田高へ。1年のときから、卒業生を送る会で教員と共に漫才を披露するなど、進んで生徒の前に立った。高2で相方と全国決勝の舞台を経験し、級友や教職員らに激励されて卒業を迎えた。

 ○…お笑い一本か大学か迷った末、受験。上智大学に進む。「働きながらとか、大学に行きながらやってる先輩も多くて」。それでも悩み「お笑いにもプラスになる。これでいいんだと気づくのに1年かかった」。塾講のアルバイトとして、小中学生に英語を教えて2年。「子どもたちに教えるのはすごく楽しいし、翻訳家にも興味がある。お笑いとうまくかみ合えば僕としても完成かな」。来春、受験を控える教え子もいる。指導に責任感を持ち、学業、お笑いと各々に注力する。

 ○…多摩区では生田緑地の大型イベントなどで司会進行も担うように。「知っていただいてる地元の人が増えた。いろんな年代や業種の人と出会えていい経験」。一方、事務所所属の芸人として「きちんと結果を出す一年にしたい。賞レースに勝ったり、ちゃんと売れた上で地元に戻ってくるのが夢」。応援してくれる地域の人たちを思い、さらに高みを目指す。

春の無料体験スクール開催中!

黒田ギター教室/ファーストステップス登戸校 体験当日入会で入会金無料!

https://k-gs.jp/

<PR>

多摩区版の人物風土記最新6

登里 享平さん

川崎フロンターレDF(ディフェンダー)で背番号「2」をつける

登里 享平さん

30歳

2月26日号

斉藤 麻里さん

【Web限定記事】多摩市民館で毎年公演している「劇団辻シアター」の代表を務める

斉藤 麻里さん

多摩区在住 47歳

2月19日号

和泉 杏奈さん

ご当地アイドル「川崎純情小町☆」で多摩区、麻生区を担当する

和泉 杏奈さん

川崎市在住

2月12日号

野村 正人さん

川崎市総合自治会館(中原区)の館長を務める

野村 正人さん

中野島在住 62歳

2月5日号

松本 英嗣さん

2020年度「第33回川崎市自治功労賞」の受賞者に選ばれた

松本 英嗣さん

登戸在住 78歳

1月29日号

小野寺 菜菜さん

2月6日と7日に開催する「第10回たま音楽祭」で、学生代表を務める

小野寺 菜菜さん

専修大学 文学部 19歳

1月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク