中原区版 掲載号:2017年10月20日号 エリアトップへ

川崎市 「プロボノ」地域活性に手応え 企業スキルで団体課題解決へ

社会

掲載号:2017年10月20日号

  • LINE
  • hatena
過去の実績の紹介などが行われた説明会
過去の実績の紹介などが行われた説明会

 会計管理や広報、組織運営など企業実務の経験をもつ専門家が市民団体を支援する「プロボノ」の普及が川崎市で進められている。11日には団体、市民への説明会が行われた。参加数はまだ多くはないが、市は地域活性に向けて「プロボノ」に手応えを感じている。

 プロボノとは、市民団体の課題を、企業で実務経験、技術を持つ専門家が解決する仕組み。プロボノでは専門家が課題解決を請け負うプロとして活動する。

 プロボノは特に支援したい人にメリットが多い。自分の技術で社会貢献ができる他、新たな経験や人脈の拡大で自己成長や地域での居場所作りができるという。

 川崎市では、団体の課題解決能力の向上、企業で働く現役世代の地域参加のきっかけ作りなどを目的に2015年度から取組を始めた。

 3年目を迎えた今、2事業が進んでいる。1つは活動体験を目的としたプロボノチャレンジ事業で、年1回、1カ月の団体支援をする。2つ目が今年度から始まった本格的な活動を目指す川崎プロボノ部事業。チャレンジでは年1回の活動を、プロボノ部では団体からの要望に応じて随時とし、期間も2カ月程度と長く設定。「地域貢献、定年後の人生を豊かにしたい」などの理由で参加した麻生区在住の吉田純一郎さんは「活動を通して楽しさを実感している」という。

 普及活動を進めるのは全国で実績のある認定NPO法人サービスグラントだが、市では将来的には市民独自の運営にしたいとする。チャレンジ事業はすでに(一財)かわさき市民しきんが運営している。市担当者は「世代、立場を超えた参加があり、手応えを感じている。より多くの参加で盛り上げてほしい」と話す。

 なお、プロボノ部では団体(10月25日まで)、支援者(11月13日まで)を募集中。詳細はウェブ検索「川崎プロボノ部」で。

中原区版のトップニュース最新6

被災記録、動画で公開

川崎市市民ミュージアム

被災記録、動画で公開 文化

文化財の防災 考える機会に

1月22日号

防災対策望む声 6割

中原区民アンケート

防災対策望む声 6割 社会

「住み続けたい」意向は強く

1月22日号

平間小が 「特別賞」

SDGsアワード

平間小が 「特別賞」 社会

全国3校目、地域活動に評価

1月15日号

市立小へ導入足踏み

フッ化物洗口

市立小へ導入足踏み 社会

市教委、コロナ対応優先で

1月15日号

「新化(しんか)」のまちづくりを

「新化(しんか)」のまちづくりを 社会

永山区長、2021年を語る

1月8日号

児童自ら「安全マップ」

井田共和会第4町会

児童自ら「安全マップ」 社会

登戸の事件受け、区と連携

1月8日号

不動産高額買取強化中‼︎

武蔵小杉で50年の実績と信頼、(株)山協商事にお任せください

https://sankyoushouji.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク