麻生区版 掲載号:2018年12月7日号
  • LINE
  • hatena

岡本太郎美術館 来館者150万人を達成 来年、開館20周年へ

文化

右から井内さん、二本木さん、北條館長
右から井内さん、二本木さん、北條館長

 生田緑地(多摩区)にある川崎市岡本太郎美術館(北條秀衛館長)が11月24日、総来館者数150万人を達成した。当日は同館エントランスで記念式典を開催。来館者と共に、節目を祝った。

 150万人目となったのは横浜市から来た二本木尚人さん(26)とパートナーの井内友紀さん(19)=東京都。式典では荻原圭一副館長が年間パスポートと岡本太郎作品集を2人に手渡したほか、生田緑地共同事業体とカフェテリアTARO、ミュージアムショップからもそれぞれ記念品が贈られた。2人そろっての来館は2回目といい、二本木さんは「まさか自分が150万人目になると思っていなかった」、井内さんは「こんなに多くの方が集まっている中、一緒に祝えてすごくうれしい」と感想を話した。

 同館は、川崎市ゆかりの芸術家である岡本太郎が寄贈した作品を所蔵する美術館として、1999年10月30日に開館。2012年3月に来館者数100万人を達成し、来年は開館20周年を迎える。北條館長は「毎年8〜9万人の来場がある。川崎市の人口と同じ150万人で、実際には違うけれど市民一人ひとりに見てもらえたような感じがする」と語っていた。

 150万人を達成した翌日から3日間は、期間限定サービスを実施。各日50組にフラワーアートカードとオリジナルポストカード、ドリップコーヒーが贈られた。

麻生区版のローカルニュース最新6件

真の王者へ「川崎対決」

ボクシング

真の王者へ「川崎対決」

3月22日号

発言内容 傍聴席で表示

川崎市議会

発言内容 傍聴席で表示

3月22日号

音あそび体験イベント

横山幸雄コンサート

渾身のショパン タウンニュースホール

横山幸雄コンサート

3月22日号

小学生の球春到来

図書館分館でおはなし会

介護のお仕事、職場見学会受付中

ヒューマンライフケア㈱の地元の施設で一緒に働きませんか?お気軽にお問合せを

http://recruit.human-lifecare.jp

<PR>

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月25日0:00更新

  • 1月11日0:00更新

  • 10月5日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

避難勧告時の備えとは

避難勧告時の備えとは

高齢者向け講座を開催

3月29日~3月29日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第146回 シリーズ「麻生の歴史を探る」名家志村家 後編

    3月15日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年3月22日号

お問い合わせ

外部リンク