麻生区版 掲載号:2018年12月7日号
  • LINE
  • hatena

岡本太郎美術館 来館者150万人を達成 来年、開館20周年へ

文化

右から井内さん、二本木さん、北條館長
右から井内さん、二本木さん、北條館長
 生田緑地(多摩区)にある川崎市岡本太郎美術館(北條秀衛館長)が11月24日、総来館者数150万人を達成した。当日は同館エントランスで記念式典を開催。来館者と共に、節目を祝った。

 150万人目となったのは横浜市から来た二本木尚人さん(26)とパートナーの井内友紀さん(19)=東京都。式典では荻原圭一副館長が年間パスポートと岡本太郎作品集を2人に手渡したほか、生田緑地共同事業体とカフェテリアTARO、ミュージアムショップからもそれぞれ記念品が贈られた。2人そろっての来館は2回目といい、二本木さんは「まさか自分が150万人目になると思っていなかった」、井内さんは「こんなに多くの方が集まっている中、一緒に祝えてすごくうれしい」と感想を話した。

 同館は、川崎市ゆかりの芸術家である岡本太郎が寄贈した作品を所蔵する美術館として、1999年10月30日に開館。2012年3月に来館者数100万人を達成し、来年は開館20周年を迎える。北條館長は「毎年8〜9万人の来場がある。川崎市の人口と同じ150万人で、実際には違うけれど市民一人ひとりに見てもらえたような感じがする」と語っていた。

 150万人を達成した翌日から3日間は、期間限定サービスを実施。各日50組にフラワーアートカードとオリジナルポストカード、ドリップコーヒーが贈られた。

麻生区版のローカルニュース最新6件

飲食店連携 非常時に協力

伊料理コンペで準優勝

米寿祝う宴 150人が出席

日本映画大佐藤名誉学長

米寿祝う宴 150人が出席

12月14日号

体動かし逃げ方学ぶ

歓喜のV2パレード

川崎F

歓喜のV2パレード

12月14日号

全国のお城が大集合

読者プレゼント

全国のお城が大集合

12月14日号

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 10月5日0:00更新

  • 8月17日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

争いの歴史 楽曲で表現

昭和音大生自主企画

争いの歴史 楽曲で表現

各時代の音楽作品を披露

12月17日~12月17日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第140回 シリーズ「麻生の歴史を探る」水争い 後編参考資料:「横浜青葉区史」「ふるさとは語る(柿生郷土史刊行会)」「歩け歩こう麻生の里」「川崎市史」「新編武蔵風土記稿」

    12月7日号

  • あさおマンスリー

    12月 December

    あさおマンスリー

    麻生区長  多田貴栄

    12月7日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク