麻生区版 掲載号:2021年3月5日号 エリアトップへ

麻生区内 「内水」想定区域は市内最小 市がマップ配布 準備訴え

社会

掲載号:2021年3月5日号

  • LINE
  • hatena
5段階で色分けされている
5段階で色分けされている

 川崎市は先月15日から、最大降雨時に想定される浸水区域や、浸水時の避難方法等を示す「内水ハザードマップ」の配布を開始した。同マップで示されている麻生区内の浸水区域は、区内全域の約5%と市内最小だった。同マップには、避難方法などの情報も掲載されており、市では「これを参考に日頃から内水による浸水に備えてほしい」と呼びかけている。

 市では、市民への注意喚起や、緊急時の避難に役立てもらうため、河川が氾濫した場合を想定した「洪水」、土砂災害警戒区域の範囲などを示す「土砂災害」のハザードマップを作成。配布を行っている。今回作成した「内水ハザードマップ」は、1時間に153mmと想定最大規模の雨量が降った場合に、下水道の排水機能を超えてマンホールや下水路から水が溢れる場所を示すもの。2m以上の浸水深から、10cm〜20cmまでの道路冠水相当までを色を分けて5段階で表示。併せて、浸水時の避難方法や日頃の備えなどの情報も掲載している。

 同マップで示されている麻生区内の浸水区域は、区内全域の約5%で市内最小。最大浸水量を示す2m以上(1階軒下以上)の箇所はないものの、細山3丁目・4丁目、高石3丁目、百合丘1丁目王禅寺4丁目などの一部地域で床上浸水相当の1m〜2mが想定されている。市下水道局では「川の周辺などは水が貯まりやすく、地形的な要素がある。高低差もあり、谷戸のような場所が想定されている」と推測する。

 今回、作成された「ハザードマップ」は、市内の各区役所などで配布されているほか、電子版を上下水道局のウェブサイトでも確認でき、今年6月には縮小版が各戸にも配布される予定だ。

 市では「洪水ハザードマップと内水ハザードマップを併せて、日頃から事前に備える準備を呼びかけていきたい」と話している。
 

麻生区版のトップニュース最新6

一輪車演技日本一に

王禅寺中央小日野さん

一輪車演技日本一に スポーツ

小学生の部で悲願達成

12月3日号

市、「対象は制定後」

犯罪被害者支援条例

市、「対象は制定後」 社会

登戸事件 既存策で対応へ

12月3日号

地図づくり大詰め

SDGs推進隊

地図づくり大詰め 社会

他都市への展開も視野に

11月26日号

新会議、年度内に試行

川崎市

新会議、年度内に試行 社会

「形式自由」も運用がカギ

11月26日号

区内で新たに16件決定

市地域文化財

区内で新たに16件決定 文化

旧神谷歯科など

11月19日号

神奈川制し全国へ

桐光学園サッカー部

神奈川制し全国へ スポーツ

3年ぶりに王座奪還

11月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月3日0:00更新

  • 11月26日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

テーマは「高血圧症と心不全」

テーマは「高血圧症と心不全」

12月9日 健康づくり講演会

12月9日~12月9日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook