麻生区版 掲載号:2021年3月5日号 エリアトップへ

麻生区内 「内水」想定区域は市内最小 市がマップ配布 準備訴え

社会

掲載号:2021年3月5日号

  • LINE
  • hatena
5段階で色分けされている
5段階で色分けされている

 川崎市は先月15日から、最大降雨時に想定される浸水区域や、浸水時の避難方法等を示す「内水ハザードマップ」の配布を開始した。同マップで示されている麻生区内の浸水区域は、区内全域の約5%と市内最小だった。同マップには、避難方法などの情報も掲載されており、市では「これを参考に日頃から内水による浸水に備えてほしい」と呼びかけている。

 市では、市民への注意喚起や、緊急時の避難に役立てもらうため、河川が氾濫した場合を想定した「洪水」、土砂災害警戒区域の範囲などを示す「土砂災害」のハザードマップを作成。配布を行っている。今回作成した「内水ハザードマップ」は、1時間に153mmと想定最大規模の雨量が降った場合に、下水道の排水機能を超えてマンホールや下水路から水が溢れる場所を示すもの。2m以上の浸水深から、10cm〜20cmまでの道路冠水相当までを色を分けて5段階で表示。併せて、浸水時の避難方法や日頃の備えなどの情報も掲載している。

 同マップで示されている麻生区内の浸水区域は、区内全域の約5%で市内最小。最大浸水量を示す2m以上(1階軒下以上)の箇所はないものの、細山3丁目・4丁目、高石3丁目、百合丘1丁目王禅寺4丁目などの一部地域で床上浸水相当の1m〜2mが想定されている。市下水道局では「川の周辺などは水が貯まりやすく、地形的な要素がある。高低差もあり、谷戸のような場所が想定されている」と推測する。

 今回、作成された「ハザードマップ」は、市内の各区役所などで配布されているほか、電子版を上下水道局のウェブサイトでも確認でき、今年6月には縮小版が各戸にも配布される予定だ。

 市では「洪水ハザードマップと内水ハザードマップを併せて、日頃から事前に備える準備を呼びかけていきたい」と話している。
 

麻生区版のトップニュース最新6

入居開始から50年

麻生台団地

入居開始から50年 社会

高齢世帯 「見守り」構築へ

4月23日号

「カード詐欺盗」入電が急増

麻生区内

「カード詐欺盗」入電が急増 社会

4月から 量販店装う

4月23日号

囲碁で全国ベスト16

王禅寺中央中高橋さん

囲碁で全国ベスト16 社会

2大会出場 「夏に雪辱」

4月16日号

駅前ピアノ、ふたたび

新百合ヶ丘

駅前ピアノ、ふたたび 文化

歩行者通路に8日間設置

4月16日号

バリアフリー情報を集約

バリアフリー情報を集約 文化

芸術・文化13施設 地図に

4月9日号

女子用スラックス、6割

川崎市立中

女子用スラックス、6割 教育

市教委「近年増加傾向に」

4月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月23日0:00更新

  • 4月16日0:00更新

  • 4月9日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter