さがみはら中央区版 掲載号:2019年4月4日号 エリアトップへ

公立小中校に看護師配置 医療的ケア児対応へ

社会

掲載号:2019年4月4日号

  • LINE
  • hatena

 市は今年度から公立小中学校で医療的ケアが必要な児童、生徒に対応するため新たに看護師を採用し各校へ配置する。市では医療的ケアが必要な子どもの学習機会を確保すると共に、保護者の負担軽減にも期待を寄せる。

 医療的ケアとは一般的に、医師の指導の下に保護者や看護師が日常的に行うことができる行為。具体的には口や気管内の痰を吸引する「喀痰吸引」や嚥下機能の低下により口から食事を摂取できない人の胃や腸に流動食を注入する「経管栄養」などが挙げられる。

 近年は医療技術の進歩を背景に入院を必要とせず医療的ケアを行いながら学校生活を送ることができる児童、生徒が全国的に増加していた。一方で、内容によっては自身で医療的ケアを行える場合もあるが、低年齢の子どもでは十分に行うことができず、保護者が毎日学校に付き添い対応するケースも多かった。

 そこで、医療的ケアを必要とする子どもが安心して学習できる機会の確保と保護者の負担軽減などを目的に、市は今年度から国も推奨する学校現場へ看護師を配置し保護者などに代わり医療的ケアを実施する制度の運用を開始。今年度は市内公立小中学校で5人の児童、生徒が医療的ケアを必要としており、こうしたニーズに対応するため市は4人の看護師を新たに採用し各校に配置する。

 医療的ケアは個別で必要な対応が異なるため、市では民間の訪問看護ステーションなどにも協力を仰ぎ柔軟な対応を図る予定。当該児童、生徒がいる学校では校長、学級担任に看護師や主治医らで構成される「医療的ケア安全委員会」を設置し問題点などを協議しながら保護者とも密に連携していく構えだ。実施にあたり市の担当課は「安全面を最優先させながら慎重に行いたい」とし、今後は幼児教育とも連携した動きを模索していく。

さがみはら中央区版のトップニュース最新6

「洪水・土砂」想定し初実施

市風水害対策訓練

「洪水・土砂」想定し初実施 社会

困難者誘導などに課題も

8月15日号

職員の資質向上に一役

保育者ステップアップ研修

職員の資質向上に一役 教育

人手不足、多忙に懸念も

8月15日号

相模湖でテストキャンプ

カナダボートチーム

相模湖でテストキャンプ スポーツ

「両国でより深い交流を」

8月8日号

「補給廠」軸に魅力創出

「補給廠」軸に魅力創出 社会

官民学連携の検討会発足

8月8日号

公立の意地 初の4強

県相野球部

公立の意地 初の4強 スポーツ

昨年覇者横浜破る大金星

8月1日号

東京五輪代表「第1号」に

地元出身飛込み坂井選手

東京五輪代表「第1号」に スポーツ

リオの雪辱へ「メダルを」

7月25日号

本大会さながら、市内熱狂

五輪自転車ロードレース

本大会さながら、市内熱狂 スポーツ

ボランティアも運営支援

7月25日号

あっとほーむデスク

  • 8月15日0:00更新

  • 8月8日0:00更新

  • 8月1日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

希少な「白いカエル」

希少な「白いカエル」

ふれあい科学館で展示

6月1日~10月20日

さがみはら中央区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年8月15日号

お問い合わせ

外部リンク