さがみはら中央区版 掲載号:2019年8月15日号 エリアトップへ

保育者ステップアップ研修 職員の資質向上に一役 人手不足、多忙に懸念も

教育

掲載号:2019年8月15日号

  • LINE
  • hatena
昨年行われたステップアップ研修=市提供
昨年行われたステップアップ研修=市提供

 現場での保育の質向上を図ろうと、保育士や幼稚園教諭らを対象に市が行っている「相模原市保育者ステップアップ研修」が2年目を迎えた。手厚い内容が好評の一方、現場の人手不足から受講のしにくさを指摘する声も上がっている。

 共働き世帯の増加により保育需要が高まる中、2013年に市内で87カ所だった認可保育所は、18年には135園と48カ所増加している(認定こども園含む)。こうした状況を受け、市では保育の質を担保し職員の資質向上をめざして昨年度から同事業を始めた。

 研修ではキャリアステージや職に応じ保育者として求められる知識や技術を座学や実習で学ぶ。参加は任意で無料だが、児童虐待やアレルギー疾患の対応、職員のメンタルヘルス管理や他職種との連携方法など内容は多岐にわたる。

 市によると、初年度の参加者はのべ5千人に上り、受講者からは「小・中学校まで見据えた長期的な支援方法が学べた」「実践的な研修で、子どもとの触れ合いに生かせそう」という感想が寄せられた。実際に昨年度、受講者が研修内容を自園に持ち帰り、園内で研修会を開いたケースもあったという。

 一方、人手不足による受講のしにくさや職員の多忙化を懸念する声も上がっている。(一社)相模原市幼稚園・認定こども園協会の川崎永会長は、「保育業界の発展に役立つ良い取り組みだが、平日の日中開催など現場が人手不足の中、どのように研修を受けてもらうかが課題」と話している。市保育課では「開催時間を午前、午後、夜間など増やすことなどが参加しやすさにつながるのでは。職員の長期的なフォローアップも含め、研修内容を検討していきたい」と話している。

さがみはら中央区版のトップニュース最新6

「鯉のぼり」今年行わず終幕

「鯉のぼり」今年行わず終幕 文化

担い手不足など運営困難

2月27日号

おしゃれでシニアを応援

おしゃれでシニアを応援 社会

市内高齢者施設でショー

2月27日号

田名に大型物流施設

田名に大型物流施設 経済

来年8月完成 公共利用も

2月20日号

過去最大の3072億円

2020年度当初予算案

過去最大の3072億円 経済

5年連続増 台風関連重点

2月20日号

「アンコン」で市内初の金

共和中合唱部

「アンコン」で市内初の金 教育

関東への切符つかむ

2月13日号

団地×女子大=地域活性

団地×女子大=地域活性 文化

公社と相模女子大が協定

2月13日号

蛍保護団体へ市が指定

阿津川

蛍保護団体へ市が指定 社会

5カ所目 「観光の目玉に」

2月6日号

あっとほーむデスク

  • 2月27日0:00更新

  • 2月20日0:00更新 スポーツ

  • 2月13日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月27日号

お問い合わせ

外部リンク