さがみはら中央区版 掲載号:2019年11月21日号 エリアトップへ

相模原市12月補正予算 災害復興に応急対応 一般会計、54億円計上

政治

掲載号:2019年11月21日号

  • LINE
  • hatena

 市は11日、一般会計および特別会計の補正予算案を発表した。一般会計の総額は54億1500万円。そのうち10月に発生した台風19号の災害救助費および災害復旧費などに約40億円を計上した。予算案は19日開催の12月定例会議に上程される。(18日起稿)

 12月の補正予算で大半を占めたのは台風19号関連。仮設住宅や住居の修繕などが含まれる災害救助費に6億5651万8000円、青根上青根水田・畑地での山腹崩壊による土砂撤去などに9500万円、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の自転車ロードレース競技のコースでもある国道413号線の復旧には19億2200万円を計上。災害援護事業として、台風19号の被災者遺族に対しての弔慰金等も盛り込まれた。また、9月に発生した台風15号による被害を受けた農家への施設復旧費100万1000円も計上された。費用は補助金や市債で補う。

 例年、人事委員会の勧告によりこの時期に調整される、職員や教職員の給与費。今年は、台風19号による災害復旧分増額と職員構成の変動等による減額も合わせて、3億5700万円の計上となった。

 また、「麻溝台・新磯野第一整備地区の土地区画整理事業」への繰出金として1400万円を増額補正した。

 このほか、今後の予算外の支出等に備え、予備費1億円を充てた。これらは、緊急案件として初日に審議、議決される。

マイナンバー普及を促進

 緊急案件とは分けて第2案として補正予算案に盛り込まれたのは、マイナンバー普及促進のための運営費1380万円、障害児の通所給付費2億5530万円など、一般会計10億1700万円。

 国が力を入れているマイナンバー制度普及の動きに対応するため来年度から実施する、「マイナポイント」の活用に必要なマイキーID登録のための費用が大半で、全て国の補助金で賄う。

 最も高い予算を占めたのは障害児の通所給付費。昨年の実績に基づいて年度予算を積算したが、この1年で、施設の増加に伴って3000人ほど利用者も増加、大幅な増額修正となった。現在、児童発達支援サービス利用者は約8400人、放課後等デイサービス利用者は約2万人。

さがみはら中央区版のトップニュース最新6

ガールスカウトに関心増

ガールスカウトに関心増 教育

リーダー育成 保護者注目

5月19日号

150周年へ 実行委始動

150周年へ 実行委始動 教育

上溝小 来年10月記念事業  

5月19日号

ブックオフで空き家相談

相模原市

ブックオフで空き家相談 社会

包括連携協定受け 

5月12日号

「維持希望」が6割超

銀河アリーナ

「維持希望」が6割超 社会

市民アンケートの結果

5月12日号

子育て世代の支援に注力

相模原市

子育て世代の支援に注力 社会

遊び場提供 改修費負担も

5月5日号

夜間中学が開校

夜間中学が開校 教育

市内初 18人が入学

5月5日号

あっとほーむデスク

  • 5月12日0:00更新

  • 4月28日0:00更新

  • 4月14日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook