厚木・愛川・清川版 掲載号:2022年6月17日号 エリアトップへ

山口の実行力!行動力!実現力! かながわの特別自治市構想 神奈川県議会議員 政務調査会副会長 山口たかひろ

掲載号:2022年6月17日号

  • LINE
  • hatena

 今、神奈川の大きな話題である「特別自治市」は、二重行政の解消などを目的に、政令指定都市に都道府県並みの権限と財源を持たせるという構想(政令市が道府県から独立して権限や財源の移譲を目指す構想)であり、神奈川県においては横浜市、川崎市、それに相模原市の3市が実現を求めています。

 「特別自治市」において政令指定都市のメリットは、県域内の県税が掌握できるため、より自立した財政運営が可能になり無駄の多い広域行政、二重行政の是正につながります。デメリットとしては、県税で行われている富の再配分ができなくなり、県内周辺自治体の財政力が落ち、人口流出や過疎化が懸念され県内の政令指定都市外の自治体の行政サービス低下が懸念されます。

 3月に県は特別自治市構想に対する県の見解を取りまとめ、5月に「県・ 横浜・川崎・相模原四首長懇談会」が開催されました。政令指定都市側は「住民がよりよいサービスを受けられるようにするために、大都市にはその能力に見合った権限と財源が必要だ」と訴える一方で、黒岩知事は「住民サービスの向上にはつながらず、新たな費用も必要になる。法制化は妥当ではない」と述べ、否定的な考えでありました。

 特別自治市が実現されれば指定都市以外の市町村や県民の皆様にも広く影響が及ぶ問題であります。県としては、県と指定都市との間だけの議論として捉えるのではなく、医療体制や財政面等行政サービスの維持、今後の人口減少・少子高齢化やデジタル化の進展などを見据えた広域行政のあり方や、県と市町村の役割分担など、より良い行政サービスを実現していくために、様々な課題について、住民に最も身近な市町村と議論をしていく必要があります。

山口貴裕事務所

厚木市中町4−6−11 4F 山口たかひろ事務所

TEL:046-225-1768

https://www.facebook.com/takahiro.yamaguchi.775

厚木・愛川・清川版の意見広告・議会報告最新6

市民の意見を市政に

市民の意見を市政に

後藤由紀子

7月1日号

代表質問に登壇人手不足分野への対応を

県政報告

代表質問に登壇人手不足分野への対応を

神奈川県議会議員 佐藤けいすけ

7月1日号

最終年も全力投球

最終年も全力投球

県会議員(無所属)さとう 知一

6月24日号

提案実現!ウクライナの子供達が描いた絵画展示

提案実現!ウクライナの子供達が描いた絵画展示

横浜国大大学院在学中 厚木市議(無会派) 高田ヒロシ

6月24日号

かながわの特別自治市構想

山口の実行力!行動力!実現力!

かながわの特別自治市構想

神奈川県議会議員 政務調査会副会長 山口たかひろ

6月17日号

経済と外交に強い「あさお」が守る

意見広告

経済と外交に強い「あさお」が守る

岸田首相「ブレない信念の政治家」

6月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年7月1日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook