厚木・愛川・清川版 掲載号:2022年6月24日号 エリアトップへ

衆院選 新16区は3市に 愛甲郡が14区へ

政治

掲載号:2022年6月24日号

  • LINE
  • hatena

 衆議院選挙区画定審議会が6月16日、「1票の格差」を是正する小選挙区の区割り改定案を岸田文雄首相に勧告した。改定案では神奈川は現行の18選挙区から20選挙区となり、厚木市や愛甲郡を含む現行の16区も大幅な見直しとなっている。

 改定案は、2020年の国勢調査結果に基づき昨年から審議が行われていた。1票の格差の是正だけでなく、選挙区による「市区町村の分割」の解消も視野に入れてまとめられた。これによると、現行の16区(厚木市・伊勢原市・相模原市緑区・南区の一部、座間市の一部、愛甲郡)は、厚木市・伊勢原市・海老名市で新たな16区となり、愛甲郡は相模原市緑区・中央区と新たな14区になっている。今後、政府は勧告を踏まえて公職選挙法の改正案を提出する。法案が可決し、施行後の衆院選から新たな区割りが適用される。

 選挙区が変わることについて、愛川町の小野澤豊町長と清川村の岩澤吉美村長は共に1票の格差の是正については理解を示したうえで、「県議会の合区が進められているなか、国政と県政での区割りに違いが生じることは有権者の混乱を招くことになる。地方の声が国政に反映される制度となるよう議論を望む(小野澤町長)」「有権者への十分な説明が必要。新たな選挙区は生活圏と異なり、地域の声がどれだけ国政に届くのか懸念している(岩澤村長)」とそれぞれコメントした。

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

会話楽しむ寄り道サロン

会話楽しむ寄り道サロン 社会

7月11日 参加者募集

7月1日号

スポーツ振興へ寄付

スポーツ振興へ寄付 スポーツ

市グラウンド・ゴルフ協会

7月1日号

個性表れた栽培、大臣賞

ZOOM UP

個性表れた栽培、大臣賞 社会

イチゴ栽培農家・清田正さん(戸田)

7月1日号

3年ぶり田に歓声

3年ぶり田に歓声 社会

南毛利地区で餅米栽培

7月1日号

新緑に映えるアジサイ

2年連続金賞

全国新酒鑑評会

2年連続金賞 経済

黄金井酒造

7月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年7月1日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook