綾瀬版 掲載号:2015年9月25日号 エリアトップへ

大規模災害に備え訓練 「災ボ連」新拠点で初開催

社会

掲載号:2015年9月25日号

  • LINE
  • hatena
ボランティア受入れから派遣まで一連の流れを確認
ボランティア受入れから派遣まで一連の流れを確認

 綾瀬市災害時ボランティア活動連絡会(災ボ連)が9月13日、市文化センターで「災害救援ボランティアセンター運営訓練」を実施した。連絡会を構成する、あやせ災害ボランティアネットワーク、市社協、市赤十字奉仕団、市ボランティア連絡会に地区社協の会員も加わり、30人が参加した。

 同センターは震災など大規模災害時に、外部から物資やボランティアを受入れる窓口。4団体が構成する災ボ連が災害対策本部からの要請で設置する。

 これまでの拠点だった市福祉会館閉館と文化センターへの移行に伴い、災ボ連は今年1月に運営マニュアルを策定した。当日はこれを元にボランティア受付窓口や本部、機材貸出・返却窓口などを設置し、受付からボランティア派遣までの一連の流れを確認した。

 今回は災害救援ボランティアセンターのことを知ってもらい、共に勉強するため地区社協が初めて参加している。災害時、地域のニーズをいち早く把握できる地区社協を、本部からの受入れ窓口にする「サテライト構想」実現に向けての取組みだという。

 「最近では全国各地で様々な、想定を超える自然災害が起きている。いざという時のため、地域との連携は必ず必要になる」と関係者は話した。

防災・減災の備え改めて確認を

 市では災害に備えるための発行物や情報発信ツールなど、防災・減災のための様々な取組みを行っている。主なものに、市防災対策課が配布する防災マップの地震編・水害編、土砂災害ハザードマップ、防災対策総合ガイドなどがある。

 これらは危険箇所や避難所の確認などができるほか、備蓄品や防災知識についても触れている。特に総合ガイドは、防災の基礎がまとめられている。また、市ホームページの「防災気象情報サイト」では、市内のピンポイント天気や警報、注意報などを確認できる。

 そのほか市市民協働課の「安全・安心メール」でも防災に関する情報発信が行われており、登録しておけば地震・気象・土砂災害情報、避難勧告・指示、避難所開設情報などを受け取ることができる。

市が配布する防災関連の冊子等
市が配布する防災関連の冊子等

綾瀬版のローカルニュース最新6

兄弟で手入れ

兄弟で手入れ 社会

小園の栗原さん

1月24日号

600人が疾走

600人が疾走 スポーツ

市駅伝に158チーム

1月24日号

防災の誓い新たに

防災の誓い新たに 社会

470人 消防出初式

1月24日号

キムチ作りで韓国を身近に

早川自治会館で寄席

早川自治会館で寄席 文化

社会人落語家7人出演

1月24日号

5年生に体験語る

寺尾本町の金子さん

5年生に体験語る 社会

「心のバリアフリーも」

1月24日号

あっとほーむデスク

  • 1月24日0:00更新

  • 12月13日0:00更新

  • 11月29日0:00更新

綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月24日号

お問い合わせ

外部リンク