綾瀬版 掲載号:2015年9月25日号 エリアトップへ

「あやせっ子」の工夫一堂に タウンヒルズで作品展

教育

掲載号:2015年9月25日号

  • LINE
  • hatena
左上から時計回りに「あやせプラネタリウム」「ピンボールあやせクイズ」「ゆめ見る顕微鏡」「くつ下ラクラクはけるピョン!」「回てん水族館」
左上から時計回りに「あやせプラネタリウム」「ピンボールあやせクイズ」「ゆめ見る顕微鏡」「くつ下ラクラクはけるピョン!」「回てん水族館」

 子どもたちのアイデア作品を募集し、優秀作品を展示する「第30回あやせっ子創意くふう展」が9月26日、27日に綾瀬タウンヒルズで開催される。会場にはJAさがみ賞の森こころさん(綾北小3年)、議長賞の近藤礼唯(れい)くん(天台小3年)、商工会長賞の津村智世さん(北の台小5年)、市長賞の菅野圭汰くん(北の台小6年)、教育長賞の高野拓己くん(寺尾小4年)の上位5人に加え、奨励賞25人の30点を展示。上位賞5人の作品は、11月に横浜で行われる「第74回神奈川県青少年創意くふう展覧会」に出品される。

 同展は想像力や夢を育て、市の科学文化振興を図ることを目的に、夏休みの課題として小・中学生対象に毎年作品を募集している。今年は過去最多となる692点が集まった。

 森さんの作品は、「ゆめ見る顕微鏡」。光を反射させるためビーズを使いプレートを回転させる仕組みで、「暗いところでもキラキラする」よう工夫されている。

 近藤くんは、片面ダンボールを使い「回てん水族館」を作製した。歯車を手で回すと動物たちがくるくる回転する仕組みだ。

 24時間テレビを見て「当たり前にはける靴下が、体な不自由な人や小さい子には難しい作業」と感じた津村さんが考案したのが、「くつ下ラクラクはけるピョン!」。安全な素材を選び、可愛らしいウサギの形にするなどの心遣いがされている。

 菅野くんは、自分が住む綾瀬のことを学び遊べる「ピンボールあやせクイズ」を作った。玉が入るとキャップがひっくり返り答えが出てくる仕掛けなど、個性が光る作品に仕上がっている。

 「綾瀬にプラネタリウムが欲しい」という思いで高野くんが作ったのは、「あやせプラネタリウム」。パーツを取り外せば、部屋で使うこともできるという。

 作品は綾瀬タウンヒルズ1階エスカレーター横で展示される。両日とも午前10時から午後8時まで。

綾瀬版のトップニュース最新6

名称原案に意見募集

綾瀬市

名称原案に意見募集 経済

スマートIC、名称決定へ

1月24日号

綾瀬が話芸のネタに

タウンレポート

綾瀬が話芸のネタに 文化

きょう午後にライブ本番

1月24日号

ひと月に約800人来場

高座クリーンセンター

ひと月に約800人来場 社会

地上50m展望室など人気

1月10日号

県展示11年ぶり巡回

県展示11年ぶり巡回 文化

かながわの遺跡展『縄文と弥生』

1月10日号

個性ある持続可能都市へ

2020(令和2)年新春市長インタビュー

個性ある持続可能都市へ 政治

子どもの教育と多文化共生に意欲

1月1日号

産業の拠点新たに

綾瀬市商工会新会館

産業の拠点新たに 経済

笠間会長「原点の結束・連携に回帰を」

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 1月24日0:00更新

  • 12月13日0:00更新

  • 11月29日0:00更新

綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月24日号

お問い合わせ

外部リンク