綾瀬版 掲載号:2018年6月8日号
  • LINE
  • はてぶ

官学連携で可能性探る 高齢者の自発的活動参加推進へ

社会

活発な話し合いが行われた
活発な話し合いが行われた
 高齢者が多種多様な活動に自発的に参加できる環境づくりをめざす「リーダーワークショップ」が、5月19日に綾瀬市役所で行われた。

 昨年度、桜美林大学と共同で研究した「高齢者の生活と健康に関する調査」の結果を受けての取り組み。桜美林大学大学院の芳賀博老年学教授と、東京工科大学の池田晋平老年学助教授、東京工科大学生が招かれた。

 対象になったのは、調査のサンプル地区となった大上地区。書道や太極拳、民謡、老人クラブなど7団体13人の代表者が3グループに分かれ、学生進行のもと活動の良いところや効果、課題・問題点などを話し合った。

 今後もグループワークを重ね、大上地区をモデルケースとして他地区に広げていく考えだという。

綾瀬版のローカルニュース最新6件

綾瀬版の関連リンク

あっとほーむデスク

綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

秋空のもと名所・グルメ巡り

2日間開催に規模拡大、ロケ地も びゅ〜っとあやせ

秋空のもと名所・グルメ巡り

10月28日~11月4日

綾瀬版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • あやせの歴史を訪ねて

    〈第46回〉渋谷氏ゆかりのコースを訪ねる46

    あやせの歴史を訪ねて

    綾瀬市史跡ガイドボランティアの会

    10月5日号

綾瀬版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年10月5日号

お問い合わせ

外部リンク