横須賀版 掲載号:2015年1月1日号
  • googleplus
  • LINE

横須賀出身の朝夢さん 遅咲きの噺家、真打昇進 18日に地元で寄席出演

文化

女性っぽい、やわらかいネタと表現が得意
女性っぽい、やわらかいネタと表現が得意

 市内久比里出身の落語家、三笑亭朝夢さん(43歳・本名/三ツ橋良紀)がこの春、真打に昇進する。

 大手出版社勤務を経て、30歳で噺家の世界に飛び込んだ遅咲き。前座4年、二つ目10年の修行を経て、晴れて本当の意味で一人前となる。

 28歳の時、出張へ向かう飛行機の中で聴いた昭和の名人、古今亭志ん朝の話芸に雷に打たれたような衝撃を受けた。以来、CDをむさぼるように聞きあさり、週末は寄席に通い詰めた。次第に頭をもたげてきたのは落語を「演じてみたい」という欲求。背中を押したのは根拠のない自信と、18歳で経験した親友の死だった。「好きなことをやってこそ人生」。決断するのに迷いはなかった。ただ、「年かさの自分が弟子入りを志願するには手土産が必要だろう」と、創作古典の落語台本を4本用意。そのうちの1本が賞を受賞し、師匠の夢丸さんに一門入りを認めてもらった。

 古典落語にこだわり、話芸を磨く日々だ。書く才能はすぐに開花するが、話す技量は生涯を通じて─そんなアドバイスに従い、喋りの間や抑揚の付け方などを今も熱心に研究している。それは真打になっても変わらない。「落語家は職業ではなく、生き方そのもの。座布団一枚あれば、どこでも仕事ができる」

 真打昇進後は三笑亭小夢を名乗り、披露興行を5月から都内各所の演芸場で開く。唯一の心残りは一昨年、一昨々年と続けて亡くなった父と母に晴れの舞台を見せてあげられなかったことだという。地元では1月18日(日)の午後7時から市文化会館で行われる「第七回0468スタイル寄席」に出演。以降も応援企画が計画されている。

 問合せは「0468スタイル」神田さん【携帯電話】090・4069・6917
 

暑中お見舞い申し上げます

時代に適応、求められる奉仕活動

1951年創設、67年の歴史と伝統を有する奉仕団体です。

http://yokosuka-rc.jp/

(有)飯塚慎治郎商店

確かな技術で皆様の暮らしの安全、安心と快適をサポート

http://www.iizukashinjiroshoten.co.jp

地域密着の外壁塗装会社

三浦半島で唯一の塗料メーカー認定の施工店

http://www.su-place.co.jp/

海と森と歴史が融合した農園

東京湾を眺めながら夏はブルーベリー、冬はレモンの摘み取りが楽しめます。

http://mutsumi-group.com/farmaseagardenuraga/

<PR>

横須賀版のローカルニュース最新6件

さらなる高みへ!三浦学苑2度目のインターハイ

女子球児たちの夢舞台

ダンスで「地元愛」

ベイ2軍戦 家族で観よう

中高生が起業体験

アントレチャレンジ2018

中高生が起業体験

7月27日号

地道な努力 最大の武器

弓道部女子 3年 新田果音さん

地道な努力 最大の武器

7月27日号

横須賀版の関連リンク

あっとほーむデスク

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月30日号

お問い合わせ

外部リンク