逗子・葉山版 掲載号:2012年6月8日号
  • googleplus
  • LINE

葉山町 給与削減案など提出へ 6月町議会に 補正予算案は1億円規模

政治

 葉山町は、6日から始まる同町議会定例会に総額1億930万円の補正予算案を上程する。一般会計では5つの拡充事業、9つの新規事業を追加。財政難を背景に進めている人件費見直しでは、特別職を含む職員の給与削減の条例案を提出する。

【6月5日起稿】

 4日の記者会見で山梨崇仁町長は今回の予算案について「厳しい財政状況の中ではあるが行財政改革を一層推進するものにまとまった」と一定の評価を示した。

 一般会計では1億1100万円を計上。拡充事業では、小児医療助成事業として小児医療の助成対象を小学2年生から4年生まで拡大する(270万円)ほか、地球環境対策として太陽光発電設備設置の補助枠を30件から20件増やす(200万円)など5事業をあげた。

 一方、新規事業であげたのは防災や文化振興など9事業。地震による津波の想定を見直した「津波ハザードマップ」の作成や地域の避難路など防災情報を1冊にまとめた「防災対策総合ガイド」の作成(550万円)、町内に42ヵ所ある防災行政無線の音声デジタル化への切り替えを2ヵ年で実施(8610万円)、若手の音楽家による新人音楽祭など文化公演事業(120万円)など予算を割り振った。

 人件費削減への取り組みは、今年4月に全職員を対象にした定期昇給停止と新卒初任給の減額実施に続く第2弾。今回は特別職の給与を町長20%、教育長10%を7月から2016年3月まで減額し年間290万円を拠出する。

 一般職員の給与月額については13年4月から2年間、1・5〜3・5%の定率削減を実施。同町によるとこれらの取り組みにより年間8580万円が削減できる見込みという。

新電力への切替え、延期へPPSが「電力購入困難」

 葉山町は4日の記者会見で、1日から予定していた東電からPPS(特定規模電気事業者)への電力購入先の切り替えが7月1日以降に延期になったと発表した。同町が契約した(株)ラフ(千葉県流山市)が、電力の高騰で供給の見通しがつかなくなったことが理由。「今夏の電力不足に伴う一般電気事業者による電力の総買いで、電力の購入が非常に困難」と先月21日に書面で申し出た。

 4日には同社幹部が状況の説明と謝罪に庁舎を訪れたが、7月以降も供給を実施できる見通しは示されていない。同町は当面、東電からの電力購入を継続する方針だが、今後は同社との契約破棄を視野に入れた上で「電力供給が可能なPPSを早急に探したい」としている。
 

逗子・葉山版のトップニュース最新6件

開設スケジュール見直し

総合病院誘致

開設スケジュール見直し

4月20日号

「生演奏の迫力感じて」

「ふれあいパス」で外出促進

有料席販売がスタート

逗子海岸花火大会

有料席販売がスタート

4月6日号

財政難で開催ピンチ

逗子花火大会

財政難で開催ピンチ

3月23日号

給食センターの計画凍結

葉山町

給食センターの計画凍結

3月23日号

逗子・葉山版の関連リンク

あっとほーむデスク

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年4月20日号

お問い合わせ

外部リンク