藤沢版 掲載号:2018年11月16日号
  • LINE
  • hatena

亀井野在住堀さん 日本一周やり遂げた 自転車で1万キロ超走破

社会

達成後、自宅前で記念撮影する堀さん(本人提供)
達成後、自宅前で記念撮影する堀さん(本人提供)

 自転車での日本一周を目指して今春、藤沢を出発した亀井野在住の堀旦(ただし)さん(25)が10日、帰着し目標を達成させた。足かけ224日、こぎにこぎ続けた走行距離は実に1万3931・9Km。猛暑や台風、ハプニングに見舞われながらも、出会う人々の優しさに支えられた旅路だった。

 「人生観が変わった。大変だったことも含めて、(日本一周に)出てよかった」。日焼けした肌から白い歯をのぞかせる。

 堀さんは4月1日に藤沢を出発。北海道を目指して太平洋沿いを北へ進み、時計回りで47都道府県全てを制覇した。

 元保育士で、4年間勤務したのを機に退職。元々人付き合いが苦手で、色々なことをネガティブに捉えてしまう性格。「そんな自分を変えたい」と一念発起した。

 一日平均約100Km。雨の日も風の日もペダルをこぎ続けた。自転車にのせたのは必要最低限の装備のみ。寝泊りは野宿が大半で途中、台風で足止めを余儀なくされたり、ニュースで報じられる警察署から逃走した男と勘違いされ、通報されるハプニングもあった。

 それでも旅先で出会う人が食事を振る舞ってくれたり、ときには自宅に泊めてくれたり。「一人でどこまで出来るか試すつもりだったけど、自分の力だけじゃ何もできない。人の親切が身に染みた」と振り返る。

被災地の今を見て

 最も印象に残ったのが東日本大震災の被災地を訪れたとき。津波で74人の児童が犠牲になった宮城県石巻市立大川小学校で思いを馳せた。「自分が同じ状況にいたら、子どもたちを避難させるためにどんな判断をしただろう」。元保育士だけに、自問せずにはいられなかった。その後も東北沿岸部を巡り、今も復興のために懸命に働く人々や地域の営みを目にしながら、被災地の今を実感。同時にこうも思った。「こんなにがんばっている人たちがいる。自分はなんて小さなことで悩んでいたんだろう」

 旅を終えて今感じることは「少しは客観的に物事を考えられるようになったかな」。いつかまた保育士として子どもたちと携わりたいとの思いもある。「旅を通じてたくさんの気づきがあった。子どもたちの可能性を広げてあげられるような人間になっていけたら」とほほ笑んだ。

「がんばれ」とエールが書かれた手紙を渡されることも
「がんばれ」とエールが書かれた手紙を渡されることも

藤沢版のトップニュース最新6件

学生経営「インターン酒場」

約500Km 巡礼の旅へ

別荘文化の歴史 今に

新たな顔ぶれ決まる

県議選藤沢市

新たな顔ぶれ決まる

4月12日号

下野さんが日本新

マスターズ水泳

下野さんが日本新

4月5日号

藤沢駅周辺で駐輪場シェア

無料葬儀式場

C-Xメモリアルホール美空

http://www.heiwadou.com

永井ゆずる「愛せる藤沢」

平成31年度の予算審議で質問しました。ホームページをご覧下さい。

http://nagaiyuzuru.na.coocan.jp/index.html

<PR>

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月19日0:00更新

  • 4月12日0:00更新

  • 4月5日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年4月19日号

お問い合わせ

外部リンク