鎌倉版 掲載号:2015年12月18日号 エリアトップへ

農園カフェ「なないろ畑」をオープンした 石井 桂子さん 城廻在住 56歳

掲載号:2015年12月18日号

  • LINE
  • hatena

カフェで広がる家族の輪

 ○…「鎌倉野菜の農園カフェなないろ畑」を先月、市内城廻にオープンさせた。自らの農園で収穫した採れたての野菜を使ったメニューが好評で、週2日のみの営業にもかかわらず、市内はもちろん平塚や横浜からも多くの人が訪れている。また、市内のNPO「かまくら笑ん座」とも連携し、心身に障害を持つ人が畑仕事やカフェでの接客を行っているのも特徴だ。「多くの人の想いが詰まったカフェ。家のようにくつろいで、安心安全な野菜をたっぷり味わってほしい」と語る。

 ○…大船生まれ、大船育ち。中学生のころから地元のボランティアグループに所属し、障害を持つ友人に勉強を教えていた。その後、高校生になっても活動は続け、イベントの運営にかかわったことも。当時大学生だった夫・良一さんに出会ったのはこの時だ。「みんなで1つのことを作り上げるのが楽しかった」と目を細める。

 ○…嫁いだ石井家は代々続く農家で、鎌倉市農協連即売所(通称レンバイ)が開設された当初から2010年まで出店していた。義母が体調を崩したのをきっかけに、自宅敷地内での直売に移行。地域住民向けに週2回、野菜を販売していた。リピーターが増え、直売所を開く前から並ぶ人が出てくると、「ここでコーヒーでも飲めたらいいね」といった声が上がるように。目の前にはしだれ桜とブルーベリー畑が広がっており、折しも近所にNPO「かまくら笑ん座」がオープン。もともと食べることも料理も大好きで時間を見つけては料理教室に通いその腕を磨いていた。「多くの人に採れたての野菜をメインにした料理を楽しんでもらえるカフェを開きたい」とオープンを決めた。

 ○…現在、カフェの営業は木曜日と金曜日のみだが、これ以上多くすることは考えていない。「手を広げすぎず、家族に出してきたような姿勢でお客様を迎えることができれば」と笑顔で話した。

鎌倉版の人物風土記最新6

石井 里枝さん

鎌倉の日常を描いた日本画の個展「新春・鎌倉 我楽多市」を開催する

石井 里枝さん

七里ガ浜東在住 56歳

1月8日号

米澤 寿人(ひさと)さん

(公社)鎌倉青年会議所の理事長に就任した

米澤 寿人(ひさと)さん

今泉在住 34歳

1月1日号

十文字 美信さん

写真家で「鎌倉プロモーションフォトコンテスト」の審査委員長を務める

十文字 美信さん

雪ノ下在住 73歳

12月18日号

久田 典子さん

現代音楽の作曲家として国内外で活動する

久田 典子さん

笛田在住 57歳

12月4日号

鮎沢 尚(ひさし)さん

地域限定メディア「The Sunrise鎌倉」を発足させた

鮎沢 尚(ひさし)さん コミュニティ

笹目町在住 44歳

11月20日号

吉倉 正司さん

11月1日付でJR鎌倉駅の駅長に就任した

吉倉 正司さん

横浜市在住 58歳

11月13日号

あっとほーむデスク

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月4日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク