鎌倉版 掲載号:2016年2月19日号 エリアトップへ

井上蒲鉾店 女性応援ブランドに認定 「アカモクのさつま揚」開発で

経済

掲載号:2016年2月19日号

  • LINE
  • hatena

 女性が開発に貢献した優れた商品やサービス、アイデアを県が認定する「神奈川なでしこブランド」制度。今年度の認定商品がこのほど発表され、井上蒲鉾店の「アカモクのさつま揚」が選出された。開発には鎌倉女子大の学生と共同で取り組むなど、女性の視点も存分に活かし、地域を代表する老舗に新たな看板商品が誕生した。

 「神奈川なでしこブランド」は女性の活躍を応援しようと、神奈川県が2013年度にスタートさせた制度。今年度は47件の応募があり、食料品や生活用品など14件が認定された。

 市内から選ばれたのが、由比ガ浜に本店を置く(株)井上蒲鉾店(牧田知江子社長)の「アカモクのさつま揚」。海藻の一種で、鎌倉近海でも採れるアカモクを使った商品だ。

 アカモクはフコイダンやアルギン酸など機能性成分を多く含むうえ、低カロリー、高繊維質など優れた特徴を持つが、これまではほとんど使い道がない「未利用資源」だった。

 「鎌倉の蒲鉾店として、地元の水産資源を使う商品を作りたかった」と、同社の牧田社長がアカモクを使った商品開発に乗り出したのは3年ほど前。素材となるアカモクの確保は、鎌倉漁業協同組合に協力を依頼し、試作品づくりには、鎌倉女子大学・谷口亜樹子教授のゼミ生たちと共同で取り組んだ。

 「何よりもこだわったのが、おいしいかどうか。アカモクには健康面で優れた特徴があるが、それだけでは食べ続けてもらえない」と牧田社長が話すように、素材の良さと味を両立するため、試行錯誤が続いた。

 そして約1年前に「さつま揚」が完成。アカモクの食感を残しながら独特の臭みを消すため、歯ごたえと香りの良いごぼうを練りこんだものやキノコ、青ネギ、シラスが入ったものなど4種類を開発した。また小ぶりな一口サイズにしたのは「食べやすいように」という学生たちの意見を反映した。

 その後、完成した同商品を全国の蒲鉾事業者による品評会に出品したところ、会長賞を受賞。大手百貨店が企画した大学協働商品を展示するイベントでも好評を博したことから、商品化が正式に決定した。

 昨年夏頃から店頭に並んでおり、現在は鎌倉駅前店などで販売している(アカモクの漁獲量が少ないため、商品が作れない日も)。

 牧田社長は「様々な人との連携と協力で、鎌倉ならではの商品ができたことがうれしい。なでしこブランドの認定を弾みに、こうした取り組みをより進めていきたい」と話している。

 問い合わせは、同社本店【電話】0467・22・1133へ。

鎌倉版のトップニュース最新6

陽性者累計505人に

鎌倉市内新型コロナ

陽性者累計505人に 社会

1週間で78人増

1月22日号

食品の配布会、初開催

ふらっとカフェ

食品の配布会、初開催 社会

「パントリー」実現へ第一歩

1月22日号

1週間で陽性者89人増

鎌倉市内新型コロナ

1週間で陽性者89人増 社会

累計で427人に

1月15日号

「緊急事態」受け対応決定

「緊急事態」受け対応決定 社会

市施設は時間短縮など

1月15日号

「新庁舎規模縮小も検討」

新春市長インタビュー

「新庁舎規模縮小も検討」 政治

基本計画策定は来年度に

1月8日号

交通不便解消へ実証実験

交通不便解消へ実証実験 社会

二階堂・浄明寺で31日まで

1月8日号

あっとほーむデスク

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月4日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク